葦原大介『賢い犬リリエンタール』『ワールドトリガー』 麻生周一『斉木楠雄のΨ難(さいなん)』『ぼくとわたしの勇者学』

044ldFFKLXYfu
次の「週刊少年ジャンプ」に
連載された漫画を作者ごとに
グループ分けしなさい

葦原大介麻生周一
斉木楠雄のΨ難
賢い犬リリエンタール
ぼくとわたしの勇者学

葦原 大介(あしはら だいすけ、1981年2月13日 – )は、日本の漫画家。東京都出身、岡山県育ち[1]。
>同誌では2008年51号に読切『賢い犬リリエンタール』を、2009年8号・9号に『トリガーキーパー』前後編を掲載した後、同年42号から2010年23号まで『賢い犬リリエンタール』の連載で初連載を担当する。『リリエンタール』では「苦手なキャラ物に挑戦した」と述べる[2]。
2011年には『週刊少年ジャンプ』2011年44号に読切『実力派エリート迅』を掲載。この読切を大きなステップとして[3]週刊少年ジャンプ2013年11号より『ワールドトリガー』の連載を開始する。
引用元: 葦原大介 – Wikipedia.

麻生 周一(あそう しゅういち、1985年12月26日[1] – )は、日本の漫画家。埼玉県入間市出身[2]。身長175cm[3]。血液型はA型[3]。
>その後、複数の読切掲載を経て、『ぼくのわたしの勇者学』を『週刊少年ジャンプ』 2007年24号から2008年35号にかけて発表し連載デビューを果たす。
2010年には『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』を連載するが、わずか13週で打ち切りに終わる。
>その後『斉木楠雄のΨ難』の連載が決定するが、連載に先駆けて麻生初の短編集となる『麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0』が刊行され、『週刊少年ジャンプ』に掲載された『超能力者 斉木楠雄のΨ難』の読切などが収録された。
引用元: 麻生周一 – Wikipedia.