「本田一景」堀井雄二のかつてのペンネーム

019VJXNQOW
ゲーム『ドラゴンクエスト』の
生みの親・堀井雄二が
かつて漫画の原作を手がけていた
ときのペンネームは?
条田陸司一
浩景本三稲
本田一景(答)
ほんだいっけい
19%

堀井 雄二(ほりい ゆうじ、1954年1月6日 – )は兵庫県洲本市出身のゲームデザイナー、作家、アーマープロジェクト代表取締役。早稲田大学第一文学部卒業。『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親であり、日本のテレビゲーム業界に多大なる影響を与えた人物の1人。愛称は「ゆうてい(ゆう帝)」。
>フリーライター時代にはゲーム製作のほか、本田一景の名義で漫画原作も手がけていた。ドラクエのコミカライズの際には監修としてクレジットされることが多い。
引用元:堀井雄二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E4%BA%95%E9%9B%84%E4%BA%8C

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん)は、監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司による日本の漫画、およびそれに基づいたアニメ作品。
引用元:DRAGON QUEST -ダイの大冒険- – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/DRAGON_QUEST_-%E3%83%80%E3%82%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA-

大物外タレが失踪!? 証券会社の平凡なOL坂口麻衣子は、偶然からTv局の追跡取材に同行、女子アナとして出演してしまう。彼女にニュースキャスターとしての才能を見たディレクターの真鍋は、TV界に入ることを強く勧め、麻衣子はついには東西TVに転職、華やかさと嘘と真実が入り交じる報道現場、仲間たちに支えられ、嘘と真実の業界を歩き始める。池田さとみの泣ける社会派ドラマ! ゲーム作家の堀井雄二が本田一景名で原案協力。
引用元:オン・エア 上 – 株式会社ぶんか社 http://www.bunkasha.co.jp/book/b88883.html

早稲田大学第一文学部に入学して漫画研究会でイラストを描いていた頃、KK ベストセラーズから「早稲田の漫研の本を書かないか」と声を掛けられたのが切っ掛けで、フリーライターとなる
劇画村塾の 1981 年第 3 期生
1982 年、エニックスの第 1 回「ゲーム・ホビープログラムコンテスト」に入賞
最優秀プログラム賞:森田 和郎「森田のバトルフィールド」
優秀プログラム賞:中村 光一「ドアドア」他 1 作品
入選プログラム賞:堀井 雄二「ラブマッチテニス」他 9 作品
1990 年 2 月 15 日初版の「ドラゴンクエストへの道」(滝沢 ひろゆき)に、「本田 一景の名で『探偵桃語』などの漫画原作も手がけていた」とある
引用元:堀井 雄二 = ゆう帝 = 本田 一景 http://serifugyakuyunyuu.com/identical/horii.html