「水谷豊」妻は伊藤蘭『鉄人タイガーセブン』中条静夫『円盤戦争バンキッド』柳生博『仮面ライダーBLACK RX』高畑淳子

015GXzrfzw
元キャンディーズの伊藤蘭を
妻に持つ俳優は◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
みずたにゆたか(答)
水谷豊

015pxgyRnF
つぎの特撮番組と
出演していたタレントの
正しい組み合わせを選びなさい
鉄人タイガーセブン───中条静夫
円盤戦争バンキッド───柳生博
バンパイヤ───水谷豊
仮面ライダーBLACK RX───高畑淳子
51%

水谷 豊(みずたに ゆたか、1952年7月14日 – )は、日本の俳優、歌手。北海道空知郡芦別町(現:芦別市)出身。身長168cm、体重60kg、血液型はA型。トライサム所属。
>1972年7月スタートの日本テレビのドラマ『太陽にほえろ!』第1回に犯人役で出演している(日本テレビの思惑で基礎からしっかりとした演技が出来る者を共演させ補う為に抜擢された、松田優作の際にも同様の理由で出演)。
1974年10月、日本テレビのドラマ『傷だらけの天使』に出演。深作欣二ら名だたる映画監督が演出したものの、当時は視聴率が伸び悩んだ。しかし視聴者からは当初より高く評価され、放送終了後も「名作」としての地位を得ており、DVD化されている。後に、主演の萩原健一に対して「兄貴ぃー!」と呼び掛けるセリフをとんねるずらがモノマネしたことなどから、放送当時を知らない若者にも知られるようになった。この作品で初めてコンビを組んだ萩原を永遠の兄貴だと語っている。この作品で共演した岸田森に「豊には見ている人にその役が素だと思わせるような役者になってほしい。豊はそれが出来るやつだと思っている」と助言をされ、その言葉を今も大切に思っている。
>1982年に『熱中時代(刑事編)』で共演したミッキー・マッケンジーと結婚するも、1986年に離婚。1989年には、『あんちゃん』、『事件記者チャボ!』などで共演した元キャンディーズの伊藤蘭と再婚。再婚時、インタビューで「奥さんの事を何と呼んでますか?」との質問に恥ずかしがりながらも「ランちゃんさん」と答えて笑いを誘った[12]。その後、1女(趣里)をもうけた。その後も変わらず妻のことを自宅でも「蘭さん」と呼んでいるそうで、「死ぬまでに1度はちゃん呼びしたいと思っている」と語っていた。また、娘の趣里には「ダダ」と呼ばれている。
引用元:水谷豊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%B0%B7%E8%B1%8A

『鉄人タイガーセブン』(てつじんタイガーセブン)は、1973年(昭和48年)10月6日から1974年(昭和49年)3月30日までフジテレビ系で毎週土曜日19:00 – 19:30に全26話が放送された、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ番組。および作品内に登場するヒーローの名称。
>高井戸博士
演 – 中条静夫
高井戸研究所所長で、剛の理解者である。「チームワークがあれば必ずムー一族の謎を世間にさらすことができる」という信念を持っている。滝川考古学研究所を失ってからは、自転車屋に偽装した秘密基地でムー原人の活動を探る。世間一般から理解されていないが、ムー原人研究組織「高井戸グループ」として認知されてはいる。最終話、ムー一族存在の証拠を掴むために単身出撃し、ギル太子との格闘の末殺害される。
引用元:鉄人タイガーセブン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E4%BA%BA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3

『円盤戦争バンキッド』(えんばんせんそうバンキッド)は、1976年(昭和51年)10月3日から1977年(昭和52年)3月27日まで日本テレビ系で毎週日曜日18:30 – 19:00に全26話が放送された、東宝製作の特撮テレビ番組。
>宇崎博彦(うざき ひろひこ):柳生博
宇崎兄弟の父で婿養子。子供たちがバンキッドであることを全く知らないため、家の八木・宇田アンテナが回転するのを目撃して大騒ぎするシーンが毎回のお約束である。殆ど触れられていないが職業は会社員である。
引用元:円盤戦争バンキッド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E7%9B%A4%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89

『バンパイヤ』は、手塚治虫が『週刊少年サンデー』(小学館)及び『少年ブック』(集英社)に連載した漫画作品。特撮テレビ番組化もされた。
第1部は『週刊少年サンデー』にて1966年第23号から1967年第19号まで連載された。手塚治虫本人がこれまでになく重要な登場人物となっているという特徴がある。
第2部はテレビドラマ放映開始時にメディアミックスとして、『少年ブック』にて1968年10月号から1969年4月号まで連載されたが、掲載誌の休刊により未完に終わった。
>テレビドラマ[編集]
1968年10月5日から1969年3月29日までフジテレビ系で全26話が放送された、実写とアニメの合成のモノクロ作品。バンパイヤの変身シーンと変身後の動物形をアニメーションで描いている[1]。
水谷豊の事実上のデビュー作である[1]。
引用元:バンパイヤ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%A4

『仮面ライダーBLACK RX』(かめんライダーブラック アールエックス)は、1988年(昭和63年)10月23日から1989年(平成元年)9月24日まで毎日放送、TBS系列で毎週日曜10時00分から10時30分(JST)に全47話が放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
毎日放送が制作に携わった最後の仮面ライダーシリーズであると同時に、原作者である石ノ森章太郎本人が直接関与した最後のテレビシリーズである。
>諜報参謀マリバロンを演じた高畑淳子は、当時劇団青年座の活動だけでは生活できなかったことから東映作品に参加していた。後年青年座の重鎮となってからのインタビューで当時を回想し「(RX出演がきっかけで)私は役者として食べていけるようになった」と述べている。
引用元:仮面ライダーBLACK RX – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCBLACK_RX