「菅原孝支」通称「爽やか君」烏野3年セッター

112pLBQLQH
『ハイキュー!!』
烏野高校3年
ポジションはセッター
「爽やか君」と呼ばれる副主将
西谷夕 にしのやゆう
菅原孝支(答)すがわらこうし
縁下力 えんのしたちから
日向翔陽 ひなたしょうよう
50%


『ハイキュー!!』
烏野高校1年
ポジションはミドルブロッカー
「小さな巨人」を目指す
日向翔陽(答)


『ハイキュー!!』
烏野高校1年
ポジションはセッター
あだ名は「コート上の王様」
影山飛雄(答)


『ハイキュー!!』
ポジションはリベロ
烏野高校2年
身長は低い「烏野の守護神」
西谷夕(答)


『ハイキュー!!』
ポジションはウイングスパイカー
烏丸高校2年
坊主刈りで義理人情に厚い
田中龍之介(答)


『ハイキュー!!』
烏野高校3年
ポジションはウイングスパイカー
怒ると怖いバレー部主将
澤村大地(答)

『ハイキュー!!』は、古舘春一による高校バレーボールを題材にした日本の漫画作品。
>『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011 WINTER、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年20・21合併号にそれぞれ読切版が掲載された後、『週刊少年ジャンプ』2012年12号より連載中。話数カウントは「第○話」。2015年5月時点で、累計発行部数は1400万部[1]。連載開始時のキャッチコピーは「劇的青春」。
>宮城県立烏野高校排球(ハイキュー=バレー)部のエースであった「小さな巨人」に憧れ、バレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽は、類稀なる運動神経とバネを持っていたが、中学のバレー部には自分以外の部員がいなかった。中学3年、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄に惨敗してしまう。影山にリベンジをするべく、憧れの烏野高校排球部に入部した日向。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かしたトスを見ないクイック攻撃、通称・変人速攻を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指していく。
>菅原 孝支(すがわら こうし)
声 – 宮永恵太[10] / 入野自由[11] 演 – 猪野広樹[12]
烏野高校3年4組。バレー部副主将。背番号2。ポジションはセッター。身長174.3cm、体重63.5kg。6月13日生まれ。好物は激辛麻婆豆腐で、最近の悩みは「後輩に自分よりデカい奴が多い」
愛称は「スガ」。チームメイトに対して思いやりがあり温和でノリが良い性格。たまに厳しい発言もある。
2年生時、伊達工業との試合で東峰にトスを集めすぎて、彼を一人でブロックと戦わせてしまったことに責任を感じていた。天才セッターである影山の入部により、自分のトスでスパイカーがブロックに捕まる恐怖から逃れられると安心していたが、東峰の復帰によりその心は変わり、試合出場を絶対に諦めないつもりでいる。コーチである烏養が影山を正セッターにすることを躊躇っていた際にも、少しでも多く勝ち進んで試合に出られるチャンスを得たい、そのために影山を選ぶべきだと自ら進言するなど、強い意志を見せた。主にピンチサーバー、ワンポイントのツーセッターとして試合に出場(冴子曰く「戦術的ワンポイントツーセッター」)する。サーブで牽制するのが得意。篤実なプレイスタイルや爽やかな人物像は影山とは対照的で、青葉城西の及川からは「爽やか君」と呼ばれている。
引用元:ハイキュー!! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC!!