「荒木伸吾」伝説のアニメーター『バビル2世』『聖闘士星矢』

110waLJLoj
『バビル2世』
『金田一少年の事件簿』
『ベルサイユのばら』
『聖闘士星矢』
荒木伸吾(答)
結城信輝
いのまたむつみ
小松原一男
54%


『魔境伝説アクロバンチ』
『プラレス3四郎』
『ウインダリア』
『宇宙王子』
いのまたむつみ(答)

連想
『十兵衛ちゃん』
『トライガン』
『スレイヤーズ』
『サイバーフォーミュラ』
吉松孝博(答)

荒木伸吾(あらき しんご)とは、日本のアニメ史上に大きな影響を与えた伝説的アニメーターのひとりである。
>そして1973年に運命の作品、横山光輝原作の「バビル二世」と出合って作画監督および初めてのキャラクターデザインを任される。「バビル二世」の主要な見せ場は、超能力を使った戦闘シーンであったが、これをアニメで下手に作劇すると「棒状の光が飛び交うだけの間抜けなシーン」になりかねない。それを考慮した荒木は、静と動を強調して使い分け、特に静(止め)のシーンにおいて、キャラクターの内面までにじみ出るような描き込みを行った。また登場人物の美形性を強めることで、彼らに何らかの特殊性(異能力や高貴な生まれなど)を持たせる演出方法も確立。これらの試みは成功し、「バビル二世」は視聴者から大いに好評を得た。

1974年には荒木プロダクションを設立して姫野美智を片腕とし、少女漫画的なタッチを画風に加えると、荒木は美形キャラの作画マンとして地位を固め、「魔女っ子メグちゃん」のノン、「惑星ロボ ダンガードA」のトニー・ハーケン、「ベルサイユのバラ」のアンドレなど、敵役や脇役において主人公を食いかねないほど魅力的なキャラクターを次々生み出した。
引用元:荒木伸吾とは (アラキシンゴとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E4%BC%B8%E5%90%BE

結城 信輝(ゆうき のぶてる、1962年[1]12月24日[2] -)は東京都出身のアニメーター、イラストレーター、漫画家、同人漫画家。アートランド、D.A.S.T[注 1]を経て、現在はフリーランスで活動中。
>同人誌活動を「高い城の男」[4]・「ユービック」のサークル名で行っている。発行される同人誌には、彼の手がけた作品群の原画・描き下ろしの漫画を収録している[4]。
引用元:結城信輝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E4%BF%A1%E8%BC%9D

いのまた むつみ(本名:猪股 むつみ、1960年12月23日 – )は、日本のイラストレーター、アニメーター、漫画家。神奈川県出身。血液型はO型。愛称は「むっち」。左利き。
>CGが主流となった現在もアナログでの表現を主とするイラストレーター。目が大きい肉感的なキャラクターを多く描く。少女漫画のような繊細さと独特の線の細さを持ち、業界の内外にファンを持つ。
彼女の活躍は、田村英樹やみつみ美里など、多くのクリエイターに影響を与えた。
絵の何処かしらに「Mutsumi.I」のサインが書かれている。
『鉄拳』の風間仁のような筋肉系のキャラクターが好きである。しかし、自身の絵柄から発注が来るのは圧倒的に「線の細い美形」が多いため、それに対する不満を述べていたこともある。また、自動車やロボットなどの固いものを描くのは苦手だと語っている[1]。
引用元:いのまたむつみ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%82%80%E3%81%A4%E3%81%BF

小松原 一男(こまつばら かずお、1943年12月24日 – 2000年3月24日)は、神奈川県横浜市出身の日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナー。
1970年代から1980年代の東映動画作品を代表するキャラクターデザイナーとして活躍。東映動画の社員ではなく、テレビアニメ時代を迎えた東映動画を支えた、外注プロダクションの生え抜き第1世代にあたる。亡くなるまで、作画スタジオ「OH!プロダクション」取締役。
功績を讃えられ、故人として東京国際アニメフェア2008で功労賞を受賞。
引用元:小松原一男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E4%B8%80%E7%94%B7