金沢魚子(かなざわななこ)『まほらば』6歳の別人格

205KhOZgoY
漫画『まほらば』で
主人公が住んでいる鳴滝荘の
管理人をしている女の子は
蒼葉梢ですが

彼女の中にある別の人格で
好奇心が旺盛な
精神年齢6歳の女の子は?
緑川千百合
金沢魚子(答)
蒼葉梢
赤坂早紀
62%

『まほらば』は、小島あきらによる日本の漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。『月刊ガンガンWING』(スクウェア・エニックス)において、2000年11月号から2006年7月号まで連載された。漫画全62話(+番外編6話)、単行本全12巻。「まほらば」とは、素晴らしい場所・理想郷を意味する古語(真秀場)である。
2005年1月から6月まで、同誌連載の漫画としては初めて『まほらば〜Heartful days』のタイトルで、テレビ東京系 (TXN) でテレビアニメ化された。また、同年6月からAT-Xで、2006年4月からはキッズステーションでも放送された。全26話。
>蒼葉梢(あおば こずえ)
声 – 新井里美
【12月21日生まれ / 12月22日生まれ< アニメ>[9])射手座 17歳 血液型O型 身長158cm 体重45kg スリーサイズ – B81/W57/H86[要出典]】[10]
鳴滝荘の大家。管理人室にいる。青華短大付属高校に通う女子高生で、珠実の親友。とても優しく温和だが、かなりの天然。幼い頃から梅干が大好き[11]。またちょっと変な微妙に可愛いものも好きで、どことなくセンスがずれている。10年前から隆士に憧れを抱いていた。10年前の幼少時、曽祖父・総一郎の葬式に隆士と会った後、両親に虐待され置き去りにされた後に再び訪れた灰原に育てられた。白鳥への呼称は「白鳥さん」→「隆士さん」(最終回のみ)。
原作では解離性同一性障害(DID)、いわゆる多重人格者で、この主人格以外に以下の4つの人格を有し、精神的なショック(転ぶ、後ろから突かれる、下着を見られる等)を受けると失神し、いずれかの人格に変わってしまう。
>赤坂早紀(あかさか さき)
人格が変わっている際は瞳の色が赤に変わる。男勝りで凶暴かつ攻撃的。口より先にすぐ手が出るタイプ。
>金沢魚子(かなざわ ななこ)
人格が変わっている際は瞳の色が金色に変わる。精神年齢6歳。好奇心が旺盛で色々なことに興味を持ち、一度何かに興味を示したらそれが満たされるまでは大人しくならず、他の住民を困らせてしまうこともしばしば。
>緑川千百合(みどりかわ ちゆり)
人格が変わっている際は瞳の色が黄緑色に変わる。その人に合った(彼女曰く「Correct!(正しい)」な)服飾を見つけ出すことを使命としているが、その価値基準は独りよがりで、自分が正しいと思えば相手が嫌がろうと強引に着せ替えてしまう。
>紺野棗(こんの なつめ)
人格が変わっている際は瞳の色が紺色に変わる。引っ込み思案で人見知りな性格。そのため、他の住人とコミュニケーションが上手く取れず、白鳥と打ち解けるまで誰も名前を知らず、話すところも見かけられたことがなかった。
引用元:まほらば – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%82%89%E3%81%B0