「高須克弥」高須クリニック院長 西原理恵子『ダーリンは71歳』『いけちゃんとぼく』」

296pxlcdrnpprg
漫画家・西原理恵子との交際で
知られる、美容外科・高須
クリニック院長は高須◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
かつや(答)
「高須克弥」
23%

スロット
漫画家・西原理恵子とのコンビで
「アジアパー伝」などを書いた
いまは亡きカメラマンは?
鴨志田穣(答)
かもしだゆたか

271yzjvcno
「ビッグコミックスペリオール」
に『ダーリンは71歳』を連載
している女性漫画家は?
フルネームで答えなさい
さいばらりえこ(答)
西原理恵子

608EoCpmav
次のうち
漫画家・西原理恵子の著書を
1つ選びなさい
OL進化論 秋月りす
あたしんち けらえいこ
うちの場合は 森下裕美
いけちゃんとぼく(答)
ちくろ幼稚園(答)
独りでできるもん 森下えみこ
女殺借金地獄 中村うさぎ
ぼくんち(答)

西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 – )は、日本の漫画家。高知県高知市出身。通称「サイバラ」、「りえぞお」。1988年『ちくろ幼稚園』でデビュー。ギャンブルや、旅行体験レポートなど、実体験に基づいた大人向けギャグ漫画作品が多い。前夫はカメラマンの鴨志田穣。代表作は『ぼくんち』、『毎日かあさん』[1]など多数。一般財団法人高須克弥記念財団理事長。
>代表作
『まあじゃんほうろうき』
『恨ミシュラン』(共著)
『ぼくんち』
『鳥頭紀行』シリーズ
『できるかな』シリーズ
『毎日かあさん』
『パーマネント野ばら』
『女の子ものがたり』
『いけちゃんとぼく』
『この世でいちばん大事な「カネ」の話』
>在学中から、飲食店での皿洗いやミニスカパブでホステスのアルバイトをしながら描き続けていた成人雑誌のカットが小学館の編集者八巻和弘の目に留まり、1988年『ちくろ幼稚園』(『ヤングサンデー』)でデビューを果たす。1989年3月大学卒業。
>1996年に企画された旅行体験ルポ漫画『鳥頭紀行』のアマゾン取材旅行で、カメラマンとして同行して知り合ったフォトジャーナリスト鴨志田穣と結婚する。やがて一男一女をもうけるも、鴨志田のアルコール依存症や西原の多忙によるすれ違いなどが原因で2003年に離婚。しかし、その後も絶縁したわけではなく、子供の親として頻繁にコミュニケーションはとっていた。やがて西原のサポートの下、鴨志田はアルコール依存症を克服する。『毎日かあさん』(毎日新聞紙上の連載)2006年8月掲載分にて復縁を匂わせ、婚姻届を出さない事実婚の形で同居を再開したが、その時点で鴨志田は末期の腎癌であり、半年後の2007年3月20日に死去。葬儀では西原は元妻として喪主を務めた。
>同年齢の親友である小説家の岩井志麻子、編集者の中瀬ゆかりとともに「熟女キャッツアイ」を名乗り、トークショーなどの活動を行っている[8]。また、「熟女キャッツアイ」はともに高須クリニック院長の高須克弥との親交が深く、高須の支払いで食事や旅行などしている。高須の私財を基に設立された高須克弥記念財団においては、西原が理事長に就任している[9]。2012年10月11日発売の『女性セブン』では高須克弥との対談において、高須の妻の逝去後、2年間にわたって「交際」していることを明らかにした(知り合ったのは10年前という)[要出典]。
引用元:西原理恵子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8E%9F%E7%90%86%E6%81%B5%E5%AD%90

高須 克弥(たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 – )は、日本の医師(美容外科)[1]。学位は医学博士(昭和大学・1973年)。高須クリニック院長、昭和大学医学部客員教授、高須病院理事長、馬主[2]、浄土真宗僧侶[3]。テレビなどのメディアを使って美容整形を一般に認知させた立役者であり、芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた[4]。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した[5]。国際美容外科学会会長にも就任している。
>西原理恵子との交際[編集]
高須は西原理恵子のファンであり、自身を「サイバラ教の原理主義者」と呼んでいる[20]。2人の親交の最初のきっかけは、西原が自身の漫画に「高須クリニックのCMが下品すぎて素敵だ。友達になってやってもいい」と書いたところ[19]、それを知った高須から手紙が来た事に始まる[24]。
>2016年
熊本地震では、ヘリコプターをチャーターして病院などに救援物資を空輸した。自身も佐賀県入りして指揮をおこなった。救援の計画をしているときに西原理恵子より「自衛隊や米軍はプロだよ。かっちゃんみたいな素人が来たら足手まといだよ」って諭されたが、実際に高須に元に救援要請が入ったので計画を実行した。4月20日は佐賀空港からピストン輸送で私費で購入した物資など3tあまりを輸送した。これを批判する声に対しては「私財をばらまくだけです。信用なんかいりません」と答えた[38]。
引用元:高須克弥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%A0%88%E5%85%8B%E5%BC%A5