『ちびまる子ちゃん』男子「山根」「長山」女子「城ヶ崎」「前田」「冬田」

197pZitsgW
次のアニメ『ちびまる子ちゃん』
に登場するまる子の同級生の
苗字を、性別ごとに
グループ分けしなさい
【男子】山根、長山
【女子】城ヶ崎、前田、冬田

MmZNnSI
引用元:作品紹介|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト http://chibimaru.tv/about/chara/

CIMG3031ehXeRsPxuLQy
次のうち、現在
静岡県に存在しない市は?
裾野市
伊豆市
清水市(答)
島田市

『ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画・同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。
>本作品は、1974年から1975年にかけて、静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いた、笑いあり、涙ありのコメディである。アニメでもテレビスペシャルなどによっては時代設定が放送当時に合わされている場合があるが基本的には先述の時代設定が一貫されている[1][注 1]。
登場人物の別れは描かれるもののキャラクターの年齢は変化せずに物語が進んでいるため進級することはなく、新学期になると何事もなかったかのように登場する。
1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞。
初期は作者自身が体験した小学生時代の実話を基にしたエッセイ風コミックだったが、連載の長期化に伴って作者自身の体験談はネタ切れとなり、ほぼフィクションのみの作風に変わっていった。それに伴い、登場キャラクターも初期は比較的リアルな人物描写だったが、次第にマンガチックにデフォルメして描かれるようになった。また、本作のフィクション化に伴って、作品の舞台である1974年当時の日本にはまだ存在していなかった物が作中で取り上げられる事例も見られるようになっている[注 2]。
引用元:ちびまる子ちゃん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%AD%90%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

ちびまる子ちゃんの登場人物(ちびまるこちゃんのとうじょうじんぶつ)では、さくらももこ原作の漫画および、そのアニメ・ドラマ作品『ちびまる子ちゃん』に登場する人物について記述する。
引用元:ちびまる子ちゃんの登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%AD%90%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

清水市(しみずし)は、静岡県中部(駿河国)にかつて存在した市。現在の静岡市清水区の大半で、旧蒲原町および旧由比町を除いた部分に当たる。
2003年4月1日、静岡市(〜2003年3月)との合体合併(新設合併)により、現在の静岡市(2003年4月〜)の一部となった。静岡市と清水市を合わせて静清〈せいしん、せいせい。[2]〉という呼称があり、それから静清合併と呼ぶことがある。
>本市出身の漫画家さくらももこ原作の漫画「ちびまる子ちゃん」の舞台として有名である。また、日本国内では、サッカー王国としても知られ、Jリーグ草創期には「日本のブラジル」とも呼ばれた。
羽衣伝説で知られ、旧静岡市と合併後の2013年に世界文化遺産に登録された三保の松原を抱える都市でもある。
引用元:清水市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%B8%82