V9時代の日本シリーズMVP「長嶋茂雄」「柴田勲」「森昌彦」「高田繁」「末次民夫」「堀内恒夫」

154yMKRejf
1965年に始まる巨人のV9時代に
日本シリーズでMVPを受賞した
選手をフルネームで
1人答えなさい
ながしましげお(答)長嶋茂雄 1965 1969 1970
しばたいさお(答)柴田勲 1966
もりまさひこ(答)森昌彦 1967
たかだしげる(答)高田繁 1968
すえつぐたみお(答)末次民夫 1971
ほりうちつねお(答)堀内恒夫 1972 1973

036KIcRjsMAeD
遊助が歌う、アニメ『ポケット
モンスターXY』の主題歌です
V
ボルト(答)
『ボルト』

V9(ブイ ナイン、ブイ きゅう)とは、読売ジャイアンツが1965年(昭和40年)から1973年(昭和48年)まで、9年間連続してプロ野球日本シリーズを制覇したことである。この期間をV9時代ともいう。
>後に巨人の第3次黄金時代かつ、究極の栄光期とも称される。この時代の巨人は、1961年(昭和36年)に就任した川上哲治監督のもと、王貞治・長嶋茂雄という二人のスーパースター(いわゆるON砲)に加え、森昌彦・柴田勲・黒江透修・高田繁・土井正三といった名選手や、堀内恒夫・高橋一三・城之内邦雄といった球史に名を残す投手が揃い、バッテリー、内野、外野と全てにおいて選手配置が適した、「精密機械」の様な守りチームだった。日本におけるスモールベースボールの先駆けとなった。
>1960年代前半にテレビ中継の普及とともに巨人は爆発的な人気を獲得し、「子供の好きなものといえば「巨人・大鵬・卵焼き」」と言う言葉ができるなど、V9が始まる前に社会現象となっていた(なお、アンチ巨人は「大人の好きなものは西鉄・柏戸・ふぐちり(あるいは大洋・柏戸・水割り)」と言っていた)。
>翌1974年には中日の優勝を許し、V10はならなかった。しかしながら順位は2位も、優勝した中日とはシーズン終わってゲーム差はなしであった。この年を最後に川上が監督を勇退し、同時に長嶋・黒江・森も現役を引退した(長嶋はそのまま監督に就任し、黒江はコーチに就任、森は解説者に転身した)。長嶋が監督に就任した翌1975年は、一転して球団史上初となるシーズン最下位に転落した。やはり第一要因は長嶋自身の穴であり、張本勲の大型トレードや、外国人枠を起用で解決することとなった。1976年・1977年にリーグ2連覇を達成したが日本シリーズはいずれも阪急に敗退し、翌1978年にはV9メンバーだった広岡達朗監督率いるヤクルトとの優勝争いに敗れた。
引用元:V9 (読売ジャイアンツ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/V9_(%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84)