「ライドル」 仮面ライダーXの可変武器

118MHYXEAR
特撮番組『仮面ライダーX』で
剣やロープなど様々な形態に
変化する、Xライダーのベルトに
格納されている必殺武器は?
サタベプ
ラッパル
ホイドラ
ライドル(答)

ライドルは仮面ライダーXが使用する多形態変化武器。主人公ライダーが装備したシリーズ初めての専用武器である(前作でもライダーマンはカセットアームを装備していたが)。
変形形態はスティック、ロープ、ホイップ、ロングポールの4形態で、状況に応じ使い分ける。
スイッチを押すことで簡単に変化し、形態を問わず接触した敵に高圧電流を流し込む事も可能である。
引用元:ライドル (らいどる)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB

『仮面ライダーX』(かめんライダーエックス)は、1974年(昭和49年)2月16日から同年10月12日まで、毎日放送・NET系列で毎週土曜19時30分から20時00分(JST)に全35話が放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称。
>それまでの歴代ライダーは敵から奪った武器を使うことはあったが、Xライダーは正式な手持ち武器(ライドル)を装備した初のライダーである[2]。Xライダーについては改造人間であるという設定は従来と共通であるものの、ベルト以外にもアイテムを用いて変身する点や、武器をベルトに内装するなど、さまざまな新要素で仮面ライダーのイメージを一新させる作品となった。
引用元:仮面ライダーX – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCX