『タイタニア』「疾風篇」「暴風(ばくふう)篇」「旋風篇」「烈風篇」 発表順『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』『タイタニア』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』

003olLMyIR
次の田中芳樹の小説
『タイタニア』シリーズの
副題を、刊行順に選びなさい
『疾風篇』
『暴風篇』ばくふうへん
『旋風篇』
『烈風篇』

CIMG3781WJsbHRRmcDru
次の田中芳樹の小説を
発表されたのが
古い順に選びなさい
『銀河英雄伝説』
『アルスラーン戦記』
『タイタニア』
『薬師寺涼子の怪奇事件簿』

CIMG7977jjudBuNhItB5
小説『銀河英雄伝説』で
帝国暦486年に起こった
爆弾テロ事件は
「◯◯◯◯◯◯◯◯」事件?
ットロプシククュ
クロプシュトック(答)
「クロプシュトック事件」

CIMG8637kNZGwKjBoQwQ
「氷の玉座」「雪の帝冠」
「炎の凱旋」の3巻からなる
田中芳樹が1988年に発表した
空想歴史小説は?
ルァ代記年マーヴ
マヴァール年代記(答)

tDLcGXm
小説全般がどうなどとだいそれたことはいえないが、私の場合、素材を選ぶのに多少の周期めいたものがあるようだ。この時期には、『アルスラーン戦記』とか、この『マヴァール年代記』のような作品を、せっせと書いていた。いちおう「異世界ファンタジー」とか「架空歴史小説」とか呼んでみることにするが、要するに実在しない国や時代を舞台としたチャンバラ劇である。実際の歴史に取材しながら、「ここがこうなっていたら」「この人物がこういう状況下にいたら」などと改変を加え、はなばなしい空中楼閣を建設するのが書き手の楽しみであろう。
 ただ、空中楼閣を建設するにも、敷地が必要だ。固有名詞をふくめて、作品世界それ自体をゼロから産み出す作家もいるが、私の場合、敷地が欠かせなかった。だから『アルスラーン戦記』は中世ペルシアという敷地の上に建てられた。『マヴァール年代記』が建てられたのは、中世ハンガリーとその周辺諸国である。
引用元:東京創元社|マヴァール年代記(田中芳樹) http://www.tsogen.co.jp/wadai/0204_03.html


田中芳樹のファンタジー漫画「アルスラーン戦記」に登場する大酒豪の女神官は?
ファランギース(答)

FnPeHRx
タイタニア1 疾風篇
タイタニア1
著:田中芳樹
日本最高の叙事詩ついに発動!!

星暦229年。宇宙の命運は星間都市連盟を破ったタイタニア一族の手に握られ繁栄を築く。しかし、446年に強大なタイタニア一族のアリアバート卿が、単なる1都市・エウリヤ市に敗れてしまった。時代が再び動き始めたのだ。宇宙の覇者となるのはいったい誰……!?スターファンタジーの傑作ついに文庫化!
引用元:『タイタニア1 疾風篇』(田中芳樹):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062761512

タイタニア2 暴風篇
タイタニアバクフウヘン
著:田中芳樹
人類はタイタニアに身をゆだねるのか?

タイタニア一族に傷をつけた男、ファン・ヒューリック。彼ただ1人の行動と知力で歯車が狂いだしたのだ。宇宙を放浪するファン一派を駆逐せんと、タイタニア一族は威信をかけ「タイタニアの五家族」の当主の1人である猛将ザーリッシュ・タイタニアを派遣したが……!?日本が誇る宇宙の叙事詩、待望の第2巻。
引用元:『タイタニア2 暴風篇』(田中芳樹):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062762083

タイタニア3 旋風篇
タイタニアセンプウヘン
著:田中芳樹
タイタニア一族が揺れ 宇宙混迷す

宇宙が変わり始めたのか、それとも人類が求めたのか。磐石だったタイタニア支配の綻びが広がる。敗戦の報復と地位回復のため、圧倒的戦力をもって戦を仕掛けたタイタニアだったが、ファン・ヒューリックはさらなる策で対抗する。そんな折、タイタニア一族に内乱が……。人類未来を彩る大叙事詩、待望の第3巻。
引用元:『タイタニア3 旋風篇』(田中芳樹):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062762496

タイタニア4<烈風篇>
タイタニアレップウヘン
著:田中芳樹
タイタニアVS.タイタニア
藩王暗殺未遂事件に端を発した内乱の行方は!?
『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』と並び称される田中芳樹の傑作小説、第4巻!

「陽は中天にあり、没せざるべからず」
隆盛を極めたタイタニア一族にも、没落の日は来るのか? 一族を牽引する五家族代表、すなわち藩王と四公爵から一人が欠け、勢力の均衡が破られた。次期藩王を狙うイドリスは、藩王暗殺未遂事件を機にアリアバート、ジュスランに叛逆罪を宣告。対する二公爵は「君側(くんそく)の奸を討つ」として対抗姿勢を示す。一族を二分した内乱に勝者はあるのか。
宇宙叙事詩にして傑作歴史小説、待望の第4巻。
引用元:『タイタニア4<烈風篇>』(田中芳樹):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061828902

タイタニア5 <凄風篇>
タイタニア5セイフウヘン
著:田中芳樹
宇宙の覇者・タイタニア一族の支配体制は盤石なものと思われた。しかし思わぬ一敗が一族に小さな綻びを生み、内紛へと発展していく。一族を二分する戦いに勝者はあるのか。その真意の知れぬ藩王の描く未来は? 『アルスラーン戦記』『銀河英雄伝説』の著者が描く雄大なる宇宙叙事詩、完結篇。
引用元:『タイタニア5 <凄風篇>』(田中芳樹):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062990424

田中 芳樹(たなか よしき、1952年10月22日 – )は日本の作家。本名は田中美樹(たなかよしき)。日本SF作家クラブに所属している。
>銀河英雄伝説(本編:1981年 – 1987年、外伝:1984年 – )
アルスラーン戦記(第一部:1986年 – 1990年、第二部:1991年 – )
創竜伝(1987年 – )
マヴァール年代記(1988年 – 1989年)
夏の魔術シリーズ(耕平&来夢シリーズ)
夏の魔術(1988年)
窓辺には夜の歌(1990年)
白い迷宮(1993年)
春の魔術(2002年)
タイタニア(1988年 – 2015年)
灼熱の竜騎兵(レッドホット・ドラグーン、1988年 – )
薬師寺涼子の怪奇事件簿
魔天楼(1996年)
引用元:田中芳樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8A%B3%E6%A8%B9

クロプシュトック
Klopstock, Friedrich Gottlieb

[生]1724.7.2. ザクセン,クウェドリンブルク
[没]1803.3.14. ハンブルク
ドイツの詩人。当時支配的であった合理主義的な啓蒙文学に対抗して,敬虔主義に根ざした感情あふれる作品を書いた。特に 1748年に有力雑誌『ブレーマー・バイトレーゲ (ブレーメン寄与) 』に叙事詩『救世主』 Der Messias (1748~73) の一部を発表。
引用元:クロプシュトック(クロプシュトック)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF-58105