「雪子」「月子」「花子」 『有言実行 三姉妹シュシュトリアン』 雪月花

106gcmfTMi
次のうち、特撮番組『有言実行
三姉妹シュシュトリアン』で
シュシュトリアンに変身する
三姉妹を全て選びなさい
星子
雪子(答)
月子(答)
花子(答)

079xjhXGcDkLb
1972年に麿赤兒を中心に結成
された、国内外で活躍している
日本を代表する舞踏集団は?
戦駝艦落闘
堕駱隊武大
大駱駝艦(答)
だいらくだかん
引用元:「大森南朋」おおもりなお 父は麿赤兒 ドラマ『ハゲタカ』映画『龍馬伝』 「大駱駝艦」 麿赤兒(まろあかじ)率いる舞踏集団 海外公演で盛況 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/1646/

『有言実行三姉妹シュシュトリアン』(ゆうげんじっこうシスターズシュシュトリアン)は、1993年1月10日から同年10月31日までフジテレビ系列で放映された特撮テレビドラマ。関西地区はサンテレビとKBS京都で放送された。東映不思議コメディーシリーズの第14作(13年目)でシリーズ最終作品。全42話。
>酉年の1993年。輝かしい年明けとは裏腹に山吹家は不穏な空気に包まれていた。かねてから不仲だった両親が、離婚寸前の状態に陥っているのだ。山吹家の三姉妹、雪子・月子・花子は気晴らしに出向いたカラオケボックスで、酉年を司る十二支の1人、お酉様(麿赤児)に出会う。十二支の神は、各年の平和と幸福を守る役目を持ち、酉年の今年はお酉様の出番。にもかかわらず、当の本人は年末年始にカラオケ三昧で遊び呆けた挙句に、役目を果たす気力を失くしてしまったという体たらく。そして、三姉妹はお酉様によって妖怪退治の正義の味方、有言実行三姉妹シュシュトリアンに仕立て上げられ、夫婦円満の成就と引き換えに酉年の平和を守る使命を押し付けられてしまった。こうして、家庭の円満と世界の平和を守るための、三姉妹の秘密の戦いが始まった。
>ヒロインのネーミングは、フランス語で「かわいい」を意味する単語シュシュ (chouchou) と守(しゅ)をかけた「シュシュ」、酉年とトリオをかけた「トリ」、これに形容詞語尾の「アン」をくっつけたものだという。
引用元:有言実行三姉妹シュシュトリアン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E8%A8%80%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E4%B8%89%E5%A7%89%E5%A6%B9%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3

雪月花(せつげつか、せつげっか)は、白居易の詩「寄殷協律」の一句「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」による語。雪・月・花という自然の美しい景物を指す語である。
殷協律は白居易が江南にいたときの部下であり、長安からこの詩を贈ったものである。この詩における「雪月花の時」は、それぞれの景物の美しいとき、すなわち四季折々を指す語であった。そうした折々に、遠く江南にいる殷協律を思うというのである。
「雪月花」は、日本の芸術・美術の特質の一つとしても捉えられており[1]、日本においては、この語句が詩歌だけでなく、以下に述べる含みを持つ語として使われるようになった。
>三種の景物[編集]
時代が下ると、雪月花は主に雪・月・桜の取り合わせとして理解され、この三種の景物、さらにはそうした景物をめでる風流な態度そのものを示す語句として理解されるようになった。
日本三景
雪-天橋立
月-松島
花(紅葉を花に見立てる)-宮島
日本三名園
雪-兼六園
月-後楽園
花(梅)-偕楽園
引用元:雪月花 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E6%9C%88%E8%8A%B1