『キャプテン』就任順「谷口」「丸井」「イガラシ」「近藤」

041uKNZFWb
次の漫画『キャプテン』の
登場人物を
墨谷二中でキャプテンを務めた
順に選びなさい
谷口
丸井
イガラシ
近藤

IMG_0794tdjPzqoJEiwM
次の文字列を順に選んで
ジュード・ロウが主演した
2004年公開の映画のタイトルに
しなさい
スカイ
キャプテン
ワールド・オブ
トゥモロー
『スカイキャプテン ワールド・オブトゥモロー』

『キャプテン』は、ちばあきおによる野球漫画。
本項では、これを原作として制作された複数の作品(アニメ・実写映画)についても併せて解説する。
>1972年2月号から『月刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された。一時期は同社の『週刊少年ジャンプ』にもスピンオフ作品『プレイボール』を並行連載するほどの人気作となった。
それまで主流だった、いわゆる熱血野球漫画と違い、より現実的で欠点も持ち合わせた等身大のキャラクターが、仲間と一緒に努力して成長していく過程をみせていくタイプのスポーツ漫画を作り上げ、成功した。また、当初の主人公である谷口が卒業して、それ以降も谷口の後を継いだ新キャプテンを主人公にすることで連載を継続した点も特徴的である。
>墨谷二中・キャプテン[編集]
谷口 タカオ
声 – 和栗正明
第1次キャプテン。ポジションは三塁手、のちに投手を兼任。野球の名門である青葉学院から転校してきたために皆に期待されるが、実は2軍の補欠だった。しかし父親の助けもあり陰で努力を怠らず、墨谷二中のキャプテンとなる。控え目な性格から当初とまどいはあったものの、やがてキャプテンシーに開花し、過酷なスパルタ練習で墨谷を青葉学院と互角の戦いをするチームにまでに鍛え上げる。
>丸井
声 – 熊谷誠二
第2次キャプテン。ポジションは二塁手。谷口キャプテン期にレギュラーをイガラシに奪われたことがある。鼻が黒い。持ち前の強い熱意でチームを引っ張るタイプのキャプテンだが、かなりの激情家。それが災いして春の全国大会では醜態を見せ、解任されそうになったこともある。ヤクザ映画が好きで人情にも厚く、特に先輩の谷口を崇拝してよく彼を補佐し、また後輩には良き兄貴分として接する。ただし、近藤のような上下関係に疎いタイプには容赦がない。なお、キャプテンを務めている間、4番に入ったことがないのは彼だけであるが「イガラシに歯向かうなんてバカな男だ、おれっちなんて奴が居た為に一度も4番で打てなかった程の男なのに」とイガラシを認め納得していた事が理解出来る。自身もキャプテンになってから足りないと認識していた時も多々あり、イガラシを副将格に扱い意見も聞き入れていた。
>イガラシ
声 – 木村陽司(TVシリーズ)/ 中田光利(劇場映画版)
第3次キャプテン。小柄な体格ながら、青葉の監督をして化け物と言わしめる体力と、ポジションは一通りどこでもやってきたという優れた野球センスを併せ持ったプレイヤーで、作中では三塁手・二塁手・投手として活躍した。入学時から中学生離れした言動が多く、言いたいことを無愛想にずけずけと言うその性格を先輩達に疎まれ、谷口キャプテン期に、ノックの際に高木[4]に殴られた事もある。しかし、1年時から実力は抜きんでており、谷口の英断で1年生時からレギュラーとしてセカンドを守る(この時、丸井が外された)。試合中、松下の負傷から急遽ピッチャーとして登板し、落ちるシュート(シンカー系)など多彩な変化球を披露し、務めを果たした。谷口の猛練習に最も積極的についていき、チームの重要なレギュラーとして先輩ナイン達の敬意をも勝ち取った。
>近藤 茂一(こんどう しげかず)
声 – 中尾隆聖
第4次キャプテン。ポジションは投手と右翼手。三塁手も1回守っている。関西弁を話す。センスは抜群だが、直向さが全くない。剛速球投手で強打者だが、バントや守備などの小技が苦手で鈍足である。入部当初は図体に任せた野球技術の荒さと横柄な性格で丸井キャプテンの反感を買った。しかし、彼の実力を見込んだイガラシの推挙と指導で、やがてイガラシに次ぐ墨谷のエースにまで成長する。しかし、依然として大事な場面でのミスや無神経な発言などから、丸井からはよく蹴られ、チームメイトを幾度と無く激昂させている。冷静が持ち味のイガラシですら頭にきて怒ったこともある。その横柄な性格ゆえか、丸井がキャプテンの時には、作中、ほぼ毎回のように小突かれる場面が多い。
引用元:キャプテン (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)