バンダイ「カードダス」「クラッシュギア」「デジモン」 タカラトミー「ビーダマン」「ミクロマン」「ベイブレード」

023kBYrAjv
次の玩具を
発売元のメーカーごとに
グループ分けしなさい

バンダイタカラトミー
カードダス
ビーダマン
クラッシュギア
ゾイド
ベイブレード
デジモン
たまごっち
ミクロマン

CIMG6561WkROtuRjCudj
次のTVアニメを
放送されたのが古い順に
選びなさい
『ゾイド -ZODS-』
『ゾイド新世紀/ゼロ』
『ZOIDS FUZORS』
『機獣創世記ゾイドジェネシス』
引用元:『ゾイド-ZODS-』(シールドライガー・ブレードライガー)『ゾイド新世紀/ゼロ』 『ZOIDS FUZORS』 『機獣創世記ゾイドジェネシス』(ムラサメライガー) | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/4119/

カードダス(CARDDASS)は、バンダイのトレーディングカード、またはそれを販売する自動販売機の総称。同社の登録商標で、名前は1988年当時話題になっていたアメダスにあやかり、子供の情報源を目指して命名された[1]。
漫画やアニメなどのキャラクターを題材としているのが特徴。カードダスに書かれた箔マークは、どのカードにもプリズムのように高級感のある部分を入れたいという意図と、悪質なコピー製品を防止する目的で導入されている[2]。自動販売機は1枚20円の「カードダス20」や、1991年より使用された[2]5枚セット100円の「カードダス100」などがあり、駄菓子屋やスーパーマーケットなどに設置された。初期のブイジャンプにはカードダスを題材とした漫画「燃えろ武伊!」も掲載[2]。Vフェスなどのイベントでも大々的に取り上げられ、公式本も発売された。
引用元:カードダス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%80%E3%82%B9

ビーダマンは、ビー玉を発射する主に二頭身の人形玩具。 開発・発売はタカラ(現タカラトミー)。運営はJBA(All-Japan B-daman Association)。
>腹部又は頭部の穴、若しくはマガジンにビー玉を嵌め込み、背部にあるトリガーやサイドの持ち手でビー玉を押し、主に腹部、口部、腕部、頭部等の穴にあるホールドパーツとの反発力によってビー玉を発射する人形型の玩具。 その外観、競技、技術、機構等を楽しむ。ビー玉以外にも、スーパーボール、プラスチック球、ピンポン球、鉄球、BB弾、ギミック入りの特殊な球などを発射するものもある。
最初のものは1993年発売。ボンバーマンのキャラクターを使用した商品として開発され、後にスーパードンキーコング、ミュータントタートルズ、ゴジラvsスペースゴジラ、魔法陣グルグル、ツインビー等のキャラクター商品も登場した。2002年には筋肉番付のイメージキャラクター金剛くんを、2004年にはロックマンエグゼをビーダマン化している。2007年から2010年までは商品展開を休止していた。
引用元:ビーダマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%9E%E3%83%B3

クラッシュギア (CRUSH GEAR) とは、バンダイから2001年10月27日に発売された子供向けの勝負玩具。モーター付きのプラモデルという作りになっている。
玩具を原作として漫画、テレビアニメーション、映画も作られた。2010年7月17日にはSDガンダム三国伝 騎馬ブレイカーとして同コンセプトの玩具が発売された。
引用元:クラッシュギア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AE%E3%82%A2