「イシイジロウ」 『ブブキ・ブランキ』構成・脚本担当 『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』

056WYDQxnL
2016年1月より放送のアニメ
『ブブキ・ブランキ』で
シリーズ構成と脚本を担当して
いるゲームクリエイターは?
小島秀夫
志倉千代丸
稲船敬二
イシイジロウ(答)

『ブブキ・ブランキ』(舞武器舞乱伎)は、サンジゲン制作による日本のアニメ作品。テレビシリーズとして、2016年1月9日より放送中。サンジゲン10周年記念作品[1] 。
>原作 – Quadrangle
監督 – 小松田大全
シリーズ構成・脚本 – イシイジロウ、北島行徳
引用元:ブブキ・ブランキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%96%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD

イシイ ジロウ(1967年1月28日 – )は日本のゲームクリエイター、脚本家。兵庫県西宮市立西宮高等学校出身。
主にアドベンチャーゲームを作成していたが、独立以降は活動の場をアニメに移している。
>2004年発売の『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』で第9回 CESA GAME AWARDS 優秀賞を受賞。2008年発売の『428 〜封鎖された渋谷で〜』でファミ通誌のクロスレビューにて史上9本目となる40点満点の評価を得る。また同作では「日本ゲーム大賞 2008」フューチャー部門賞、「日本ゲーム大賞 2009」優秀賞、「ファミ通アワード 2008」優秀賞(ドラマティック賞)なども受賞している。
引用元:イシイジロウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%A6

イシイ氏:
 実は私自身,中学生の頃はアニメが好きで,いつかアニメを作る仕事をしたいと思っていたんですね。実際の人間を動かすより,絵を描いているほうが好きなタイプだったので。でも大林監督の「時をかける少女」(1983年公開)を観て,「実写を作るのも凄く面白そう」と初めて思ったんです。とにかく自分でも映画を作りたいと考えるようになって,8mmカメラを買ったりして……紆余曲折を経てゲームの道に入りました。
 そして先日,「タイムトラベラーズ」という,タイムトラベルを題材にしたソフトを作ったんです。この作品って,時をかける少女がなかったら,生まれなかったソフトなんです。そこで今回は,時をかける少女やタイムトラベルのこと,大林監督の最新作「この空の花 ―長岡花火物語」(以下,この空の花)のことなどを,いろいろとお聞きしたいと思って,やって来ました。
引用元:4Gamer.net ― そもそも表現というのは,全部タイムトラベルなんですよ――「タイムトラベラーズ」の原点は,「時をかける少女」にあり!? 大林宣彦監督の思想にイシイジロウ氏が迫る http://www.4gamer.net/games/108/G010879/20120913042/