「クリチェフスコイ」 『魔界戦記ディスガイア』主人公ラハールの父親 由来はクリュチェフスコイ自然公園・火山群?

145EPxfeLa
ゲーム『魔界戦記ディスガイア』
で、饅頭をのどにつまらせて
死んでしまった、主人公ラハール
の父親である大魔王は?
フイチクスコリェ
クリチェフスコイ(答)
Kluchevskoy

クリチェフスコイとは、『魔界戦記ディスガイア』のキャラクター。
>CV:西村知道 鈴木千尋(若い頃、アニメ版)
先代魔王で故人。ラハールの父親で、大魔王と呼ばれるほどの力の持ち主。
故人であるため回想でしか登場しないが、息子のラハールに対して敬語を使い、
エトナや魔王城の部下からは厚く慕われるなど、非常に紳士的で王としての威厳に満ちた人物である。
>その死因は「大好物の暗黒饅頭をのどに詰まらせて命を落とす」というもの。
ディスガイア4のHPでは、シリーズ屈指の個性的な死に方をしているキャラクターと紹介される。
小説版では、彼も「一生の不覚」と語っている(ただ、他人事のように言っており、どことなく本当かどうか怪しい)。
アニメ版では、彼がのどに詰まらせた饅頭はマデラスが用意した特別製であったらしく、事実上の暗殺である。
引用元:クリチェフスコイ (くりちぇふすこい)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%A4

『魔界戦記ディスガイア』(まかいせんきディスガイア、英:Disgaea: Hour of Darkness)は、2003年1月30日に日本一ソフトウェアより発売されたPlayStation 2用シミュレーションロールプレイングゲーム。キャラクターデザインは原田たけひと。
>『史上最凶やり込みシミュレーションRPG』と銘打つだけあり、一般的なSRPGと比べてやり込み要素が非常に多い。通常100程度のレベルの最大値は9999であり、HPは4000万超、能力値は2000万超まで成長させることができる。
アイテムの収集から全ての技の修得、自由度の高いアイテム強化、パラメータ成長率が高い状態でレベル1から育て直せる転生システムなど、全てのやり込み要素を満たすには300時間以上のプレイ時間が必要と言われる。議会の提案によって出現する隠しステージでは出現モンスターのレベルが1000を超えるものも存在し、アイテム個別にアイテム界と呼ばれるランダムダンジョンが存在するなど、「史上最凶やり込み」の名に相応しい作品となっている。
>ラハール (Laharl)
声 – 水橋かおり
主人公。年齢は1313歳と、主要キャラ3人の中では最年少。魔王クリチェフスコイと魔女見習いとして魔界に来た[3]人間の間にできたハーフ悪魔で、父の後を継ぎ魔王を目指す。魔王の息子だけあって戦闘力は高く、魔界に侵攻してきた200万超の大艦隊を本気を出さずに1人で滅ぼせるほど。
引用元:魔界戦記ディスガイア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E7%95%8C%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2

○ラハール ⇒ 火山噴火時に発生する土石流のこと。
○エトナ ⇒ イタリアのシチリア島に存在する活火山。
○プリニー ⇒ 火山の噴火形式のひとつ。非常に危険な噴火。
○フロン ⇒ かつては有効活用された化合物。オゾン層を破壊する。
○クリチェフスコイ ⇒ カムチャッカ半島に存在する活火山。
○ブルカノ ⇒ 火山の噴火形式のひとつ。ボルケーノの語源。
引用元:魔界戦記ディスガイア 登場人物の由来 – 今日、テレビで世界で最も活動的な火… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13119359428

クリュチェフスカヤ山(Klyuchevskaya Sopka、ロシア語: Ключевская сопка)は、カムチャツカ半島の最高峰で、ユーラシア大陸最高峰の活火山でもある。
ウシュコフスキ火山(en)、カーメン火山(en)、他と連山をなす成層火山で、見る方向によっては富士山によく似ていることからカムチャツカ富士ともよばれる。標高は4,750mであるが、火山活動によって標高は変化する。山頂部の主火口のほか、山腹には多数の側火口を持つ。
晴れの日には北側にシベルチ山(en)を望むことができる。
引用元:クリュチェフスカヤ山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A4%E5%B1%B1

カムチャツカの火山群(カムチャツカのかざんぐん)はロシアにあるユネスコの世界遺産登録物件。カムチャツカ半島の2つの自然保護区と3つの自然公園を対象とする形で1996年12月に登録され[1]、2001年に自然公園が一つ追加登録された。
環太平洋造山帯の中でも、カムチャツカ半島は特に「火山の博物館」の異名を取るほどに多彩な噴火様式の火山やそれが生み出した地形が存在している。また、火山の多さや土壌の特質などのために開発が余り行われてこなかったことから、景観美や生物多様性も十分に保持されている。登録にあたっては、こうした地学的重要性、景観美、生物多様性など多角的な点における顕著な普遍的価値が認められた。同じくロシアの世界遺産であるバイカル湖などとともに、自然遺産としての登録基準4項目全てが適用されている世界遺産である。
>クリュチェフスカヤ山
クリュチェフスコイ自然公園(Nature Park “Kluchevskoy” / Klyuchevskoy Zakaznik[2], ID765-006)は、半島の中央部に位置し、世界遺産対象内では最も植物種の豊富な保護区である。公園内のクリュチェフスカヤ山(標高 4,835 m[6])は、活火山としてはユーラシア大陸最高峰である。面積は376,000 ha、IUCNカテゴリーはV(厳正自然保護区)[7]。1999年に設定され、2001年に世界遺産登録対象に加えられた。
引用元:カムチャツカの火山群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%84%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%81%AB%E5%B1%B1%E7%BE%A4