『機動戦士ガンダムAGE』ED 『君の中の英雄』『My World』『WHITE justice』『forget-me-not ~ワスレナグサ~』

036RgFTCvt
次の曲を、TVアニメ
『機動戦士ガンダムAGE』の
エンディングテーマに
起用された順に選びなさい
『君の中の英雄』
『My World』
『WHITE justice』
『forget-me-not ~ワスレナグサ~』

『機動戦士ガンダムAGE』(きどうせんしガンダムエイジ、英: MOBILE SUIT GUNDAM AGE)は、2011年(平成23年)10月9日から2012年(平成24年)9月23日までMBS・TBS系列にて放送された日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。有人ロボット兵器同士による宇宙戦争を描いた、「ガンダムシリーズ」作品の一つ。キャッチコピーは「三つの運命が 歴史になる――」。全49話。平均視聴率は2.56%[注 1]。
>プロット[編集]
全体のストーリーは親子3世代に渡って主人公を交代しながら進行する全4部構成で進行した。第1部「フリット編」、第2部「アセム編」、第3部「キオ編」、そして三人の主人公が結集する最終章第4部「三世代編」と、主人公の名前で区切られている[69]。フリット編からアセム編および、アセム編からキオ編への移行間には、共に20数年ほどの大きな時間経過があるが、最終章となる三世代編はキオ編から約一ヶ月後と時間の経過が少なく、実質的にはキオ編の延長であり、そこに前世代2人の主人公が関わりあっていく展開となっている。

引用元:機動戦士ガンダムAGE – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0AGE

3世代に渡る主人公とガンダムの物語。

フリット編の主人公がフリット・アスノ、アセム編の主人公がフリットの子、アセム・アスノ、キオ編の主人公がフリットの孫、キオ・アスノ。
引用元:機動戦士ガンダムAGEとは (キドウセンシガンダムエイジとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0age