「週刊少年キング」 『サイクル野郎』『超人ロック』『銀河鉄道999』『ワイルド7』

012ydrlzwp
『サイクル野郎』
『超人ロック』
『銀河鉄道999』
『ワイルド7』
「週刊少年マガジン」
「週刊少年サンデー」
「週刊少年チャンピオン」
「週刊少年キング」(答)


1959年に創刊
創刊号表紙は長嶋茂雄
小学館
名探偵コナン
週刊少年サンデー(答)

連想
『パラダイス学園』
『Oh!透明人間』
『2人におまかせ』
『いけない!ルナ先生』
週刊少年マガジン(答)

『週刊少年キング』(しゅうかん しょうねんキング)は、少年画報社が発行した週刊漫画雑誌。1963年7月8日に創刊されて、1982年4月に休刊。同年に月2回刊の『少年KING』として復刊したが、1988年に再び休刊した。
>。1970年代半ば頃のヒット作は、望月三起也の『ワイルド7』、楳図かずおの『猫目小僧』、荘司としおの『サイクル野郎』、日大健児の『ドッキリ仮面』、つのだじろうの『5五の龍』が挙げられる。
引用元:少年キング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

『サイクル野郎』(サイクルやろう)は漫画家・荘司としおの漫画作品。1974年から1982年まで「少年キング」に連載された。単行本は少年画報社(ヒットコミックス)から、全37巻。現在にいたる自転車漫画というジャンルのさきがけを成している。
健康的な少年が自転車で日本一周をするその行程を題材にしたもの。当時の少年の支持を集めた複雑な装備の多い自転車や、行く先々での少年らしい風景など、荒唐無稽なきらいがあるものの、当時の道路状況・社会環境を反映した一大漫画作品となっている。
引用元:サイクル野郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E9%87%8E%E9%83%8E

『超人ロック』(ちょうじんロック)は、聖悠紀のSF漫画、およびそれを原作とするラジオドラマ、アニメーション映画、OVA。またその主人公の通称。
>永遠に生き続ける一人の超能力者、通称「超人ロック」の活動を通して語られる、宇宙時代の人類の物語。
引用元:超人ロック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

『銀河鉄道999』(ぎんがてつどうスリーナイン、Galaxy Express 999)は、松本零士作のSF漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ番組、アニメ映画である。略称は「999(スリーナイン)」。
>1977年から1981年にかけて、少年画報社「少年キング」にて、同誌の看板作品として連載された。ヒットコミックス全18巻。第23回(1977年度)小学館漫画賞を受賞した松本零士の代表作。連載中にテレビアニメ化、劇場アニメ化されて大ヒットしてアニメブームの原点を確実なものとし、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』とともに昭和50年代の松本零士ブームをも巻き起こした。
引用元:銀河鉄道999 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%89%84%E9%81%93999

『ワイルド7』(ワイルドセブン)は、望月三起也作の漫画。テレビドラマ化などもされている。
>「法では裁けぬ悪党を、裁判にかけずに殺すことを許された警察官」によるグループの名称。
様々な分野からスカウトされた7人のアウトローで構成されている。
ワイルド7の創設者であり上司でもある、「隊長」と呼ばれる草波がいる。
1969年から1979年にかけて少年画報社の漫画雑誌「週刊少年キング」に連載された。
引用元:ワイルド7 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%897