『学園ヘヴン』ベルリバティ(BL)学園 『プリンセス・プリンセス』藤森学園 『金色のコルダ』星奏学院

010WfTFGgy
次のTVアニメと
舞台となる学校の
正しい組み合わせを選びなさい
金色のコルダ───星奏学院
プリンセス・プリンセス───藤森学園
学園ヘヴン───ベルリバティ学園

学園ヘヴンが「BL」ものと思い出せれば、ベルリバティ学園の略称が「BL」なので繋げられますね。

『金色のコルダ』(きんいろのコルダ)は、コーエーから発売された女性向け恋愛シミュレーションゲーム。女性向けゲームの開発チーム、ルビー・パーティーによるネオロマンスシリーズ第3作目。なお登場人物が一新した続編『金色のコルダ3』については、別項で紹介する。
>ストーリー[編集]
普通科と音楽科が併設された星奏学院(せいそうがくいん)が舞台。高等部の普通科に在籍する主人公は、音楽に関しては素人だった。だが、リリという音楽を司る妖精に選ばれ、学内音楽コンクールに出場することになる。
引用元:金色のコルダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%80

『プリンセス・プリンセス』は、つだみきよによる日本の漫画、およびそれを原作としたアニメ・テレビドラマ・テレビゲーム。「月刊ウィングス」(新書館)で連載されていた。単行本は全5巻。また2006年5月号から2007年1月号には、続編にあたる『プリンセス・プリンセス+(プラス)』の全7話が同誌に連載された。単行本は全1巻。 
日本国外では、英語版とドイツ語版が出版されている。
2006年、スタジオディーンの制作によりテレビアニメ化。同年4月5日から6月21日までテレビ朝日の毎週水曜日深夜枠(27時10分 – )にて全12話が放映され、その後GyaOでも放送された。またアメリカ、タイおよび中国(中国でのタイトルは『變身男孩』)でも放送された。
>プリンセス・プリンセス
近隣では名門と名を馳せる男子校―私立藤森学園の高等部には、ある特殊な制度―“姫”制度が存在していた。何も知らずに転校してきた主人公―河野亨は、その端麗な容姿から“姫”に選ばれてしまう。内面に様々な思いと悩みを抱える亨が、同じく姫を務める四方谷裕史郎や豊実琴、坂本秋良を始めとする姫制度を支える仲間達と共に行動していく中で、独自に自分らしさを獲得していく。
引用元:プリンセス・プリンセス (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

『学園ヘヴン BOY’S LOVE SCRAMBLE!』(がくえんヘヴンボーイズラブスクランブル)は、2002年8月2日にSprayより発売されたBL系18禁アドベンチャーゲーム(キャラクターボイスなし)。
>あらすじ[編集]
運がいいだけの平凡な少年伊藤啓太。そんな彼にある日、超エリート学園”ベルリバティスクール”[1]への入学許可証が届く。
>テレビアニメ[編集]
『学園ヘヴン BOY’S LOVE HYPER!』(がくえんヘヴンボーイズラブハイパー)は2006年4月1日から6月24日までAT-Xで放送されていたテレビアニメ。全13話。AT-Xでの放送が好評だったのを受け、その年の7月から9月に独立UHF局でも放送された。性描写はほぼ皆無である。
引用元:学園ヘヴン BOY’S LOVE SCRAMBLE! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%83%98%E3%83%B4%E3%83%B3_BOY%27S_LOVE_SCRAMBLE!