カレーが大好物『太陽戦隊サンバルカン』バルパンサー 『秘密戦隊ゴレンジャー』キレンジャー

001tJyYnIC
次の特撮ヒーローのうち
カレーが大好物だったものを
全て選びなさい
『科学戦隊ダイナマン』ダイナイエロー 「ラーメン」
『太陽戦隊サンバルカン』バルパンサー(答)
『電磁戦隊デンジマン』デンジイエロー 「ナポリタン」
『秘密戦隊ゴレンジャー』キレンジャー(答)

『秘密戦隊ゴレンジャー』(ひみつせんたいゴレンジャー)は、1975年(昭和50年)4月5日から1977年(昭和52年)3月26日までNET(現・テレビ朝日)系列で毎週土曜19:30 – 20:00(JST)に全84話が放送された、NET・東映制作の特撮テレビドラマ。
劇中での主人公たちのグループ名は「ゴレンジャー」。
>大岩 大太(おおいわ だいた) / キレンジャー(初代)
ゴレンジャーのムードメーカーで、イーグル九州支部の唯一の生き残り。7月15日生まれの23歳。一人称は「おいどん」。ゴレンジャーの男性メンバーの変身前は主に苗字で呼び合っていたが大岩大太は「大ちゃん」と呼ばれている。
力自慢でカレー好きの九州男児。他の4人は所属していた支部の地域出身であるか明確でないが、大岩に限っては地元九州地方の方言らしき言い回しを用いる。
>キレンジャーのカレー発売
スーパー戦隊シリーズ30作を記念して、キレンジャーイメージキャラクターに起用したレトルトカレー『キレンジャーカレー ポーク中辛』が、2006年7月10日に永谷園より数量限定で全国発売された[57]。
引用元:秘密戦隊ゴレンジャー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC引用元:スーパー戦隊百科:秘密戦隊ゴレンジャー http://www.super-sentai.net/sentai/goranger.html

『太陽戦隊サンバルカン』(たいようせんたいサンバルカン)は、1981年(昭和56年)2月7日から1982年(昭和57年)1月30日までANN系列で毎週土曜日18時00分から18時30分に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第5作にあたる。
>戦隊チームが男性3人のみで構成されており、女性メンバーが1人も存在しないことが最大の特徴である。この設定の意図は、マンネリ化しないように前作から人数を変化させることで強い印象を生むため、そして陸・海・空の3要素を際立たせるためである[2]。しかし、これに対しては、放映当時から女児層をはじめとした視聴者から女性メンバーの復活を望む声が多数寄せられた[3]。そのため、翌年の『大戦隊ゴーグルファイブ』では女性メンバーが復活した5人構成となり、以後男性メンバーのみの作品は存在しない(後のスーパー戦隊シリーズでも開始当初3人メンバーの作品は幾つか存在するが、いずれもシリーズ途中で何らかの形で追加戦士が登場することにより、最終的に5人以上のメンバーとなっている)。
>豹 朝夫(ひょう あさお) / バルパンサー
19歳。スーツカラーはイエロー。元地球平和守備隊・レンジャー部隊隊員。明朗な性格の持ち主で、驚いた時などには「ひょひょーっ」と奇声をあげる。また、美佐からたまにこの口癖で呼ばれている。細身の体に似合わずかなりの大食漢で「スナックサファリ」のカレーライスを食べる場面が劇中では頻出した。俊足の持ち主でもあり、どんな絶壁でも軽々とこなす身軽な運動神経を持っているが、かなづちである。犬も苦手でシーシーでも怖がっている。飛騨の実家で、林業を営む父と2人暮らしだった[ep 10]。
ブラックマグマ壊滅後は退職・帰郷。父の仕事を手伝うことにした[ep 7]。
引用元:太陽戦隊サンバルカン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3

引用元:スーパー戦隊百科:太陽戦隊サンバルカン http://www.super-sentai.net/sentai/sun.html