『花の子ルンルン』 第1話「バーベナ」

062iwGDCam
東映が制作した魔女っ子アニメ
のタイトルで、「魔法少女」
といえばララベルですが
「花の子」といえば?
ンルチシッ
クペャベラ
ルンルン(答)
『花の子ルンルン』

スロット
料理にレモンの風味をつける和名を「コウスイボク」というクマツヅラ科のハーブはレモン○○○○?
バーベナ(答)

アニメ『花の子ルンルン』の第1話にも登場する別名を「ビジョザクラ」というクマツヅラ科の花は?
バーベナ(答)
tBocbqQ
引用元:花の子ルンルン 話数限定 第1話 ふしぎな訪問者|無料動画 GYAO!|アニメ http://gyao.yahoo.co.jp/player/00722/v08241/v0824100000000526546/?auto=1&rep=2&ap_cnt=2&second=0

『花の子ルンルン』(はなのこルンルン)とは、1979年2月9日から1980年2月8日まで、テレビ朝日系列で毎週金曜 19:00 – 19:30に全50話が放映されたテレビアニメ。『キャンディ・キャンディ』の後番組として製作・放映された。東映魔女っ子シリーズの1つに数えられる[2]。
>『キャンディ・キャンディ』のヒットを受け、ヨーロッパを中心とした舞台を用意。花探しの旅を通じて人間的成長を遂げる作品の流れは、前作に通じるものである。このコンセプトのため、オリジナル魔法少女といっても、主人公ルンルンが使う魔法は当初、ドレスチェンジ程度にとどめられていた。魔法の道具である花の鍵は、途中機能アップが図られたものに変更された。この様なシリーズ途中での魔法アイテムの変更は、のちの作品でも慣例化したが、魔法少女物の本格的な玩具との初タイアップ化という点においても、見逃せない点である[3]。新しい試みとして、話の最後には必ずセルジュがその話でルンルンと深く関わった登場人物に、ルンルンの思い出にと花の種を手渡し、その後の花が咲いた様子と花言葉が紹介された。トゲニシアにも花の種が手渡されたことがある。
引用元:花の子ルンルン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%B3