TVアニメ化『パラッパラッパー』『星のカービィ』『金色のコルダ』

211niDKqmh
次のうち、TVアニメ化された
ゲームを1つ選びなさい
龍が如く 「映画化」
パラッパラッパー(答)
世界樹の迷宮 「漫画化」「ノベル化」
半熟英雄 「漫画化」
デッドオアアライブ 「映画化」
悪魔城ドラキュラ
星のカービィ(答)
金色のコルダ(答)

『パラッパラッパー』 (PaRappa the Rapper) は、七音社によって制作されたプレイステーション向けゲームソフトのタイトル、またはこれを原作とするテレビアニメのタイトル。本稿ではゲーム版続編の『パラッパラッパー2』を含めて記述する。
>2001年4月14日から2002年1月11日までフジテレビ系列で放送されたテレビアニメ作品。全30話。フジテレビ・SMEビジュアルワークス共同制作アニメの最終作品である。キー局のフジテレビでは第1話から第17話まで土曜日18時30分から19時00分、第18話以降は金曜日16時25分から16時55分に放送されていた。
引用元:パラッパラッパー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC

『星のカービィ』(ほしのカービィ)は、任天堂のゲームソフト『星のカービィシリーズ』を原作とし、2001年10月6日から2003年9月27日まで放送された中部日本放送製作のテレビアニメ。任天堂のゲームのテレビアニメとしては唯一TBS系列で放送された[1]。
>原作であるゲーム版の設定を大きく変更し、大半の登場人物をアニメ独自のキャラクターが占めるなど独特の世界観を構築。ゲーム版出身のキャラクターに関しても設定が変更されている場合が多い。
登場人物のほとんどが1頭身から2頭身のキャラクターであり、劇中にバトルシーンが存在するなど、低年齢層向けのアニメに近い体裁をとっている。しかし、環境問題などの寓話的な話やシリアスな話、社会風刺や大人にしか到底分からないようなネタやパロディなども挿入している。これは、「子供でも大人でも楽しめるように」というゲーム版『星のカービィ』のコンセプトをアニメでも踏襲しているためである。
引用元:星のカービィ (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%A3_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

『金色のコルダ』(きんいろのコルダ)は、コーエーから発売された女性向け恋愛シミュレーションゲーム。女性向けゲームの開発チーム、ルビー・パーティーによるネオロマンスシリーズ第3作目。なお登場人物が一新した続編『金色のコルダ3』については、別項で紹介する。
>テレビアニメ[編集]
『金色のコルダ〜primo passo〜』のタイトルで、テレビ東京系6局にて2006年10月から2007年3月まで放送された。副題には必ず音楽関連単語が含まれている。DVD最終巻には、TV未放映の第26話「ひと夏のアンコール」も収録。 2009年3月26日と6月5日にキッズステーションにおいて、スペシャルアニメ『金色のコルダ〜secondo passo〜』が前後編に分けて放送。『金色のコルダ2』や『金色のコルダ2 f』の新キャラクターも登場した。
引用元:金色のコルダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%80

『龍が如く』(りゅうがごとく、英題:Yakuza)は、セガゲームス(2015年3月まではセガ)より2005年12月8日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト、およびシリーズ作品名。
キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。
廉価版・続編・外伝含め全世界累計出荷本数は750万本を突破した[4]。
引用元:龍が如く – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E3%81%8C%E5%A6%82%E3%81%8F

『龍が如く』(りゅうがごとく、英題:Yakuza)は、セガゲームス(2015年3月まではセガ)より2005年12月8日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト、およびシリーズ作品名。
キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。
廉価版・続編・外伝含め全世界累計出荷本数は750万本を突破した[4]。
引用元:龍が如く – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E3%81%8C%E5%A6%82%E3%81%8F

『世界樹の迷宮』(せかいじゅのめいきゅう)は、アトラスから2007年1月18日に発売されたニンテンドーDS用ロールプレイングゲーム。略称は”SQ”や”セカキュー”、”世界樹”など。英語版のタイトルは”Etrian Odyssey”。
引用元:世界樹の迷宮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%A8%B9%E3%81%AE%E8%BF%B7%E5%AE%AE

『半熟英雄』(はんじゅくヒーロー)は、第1作が1988年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された、リアルタイムシミュレーションロールプレイングゲーム(公式ではないが、リアルタイムストラテジーにも該当する)の作品であり、またシリーズの総称である。
引用元:半熟英雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E7%86%9F%E8%8B%B1%E9%9B%84

『デッド オア アライブ』(DEAD OR ALIVE、デッド・オア・アライブ、デッドオアアライブ、死或生、生死格斗、生死格鬥)は、コーエーテクモゲームス(旧テクモ)や他社およびその海外支社から発売された日本の対戦型格闘ゲーム・バカンスゲームなどのシリーズ、およびそれを原作とする洋画、ゲームブック、パチンコ作品などのメディアミックスである。
引用元:デッド オア アライブ シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89_%E3%82%AA%E3%82%A2_%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96_%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#.E3.83.A1.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2.E3.83.9F.E3.83.83.E3.82.AF.E3.82.B9

『悪魔城ドラキュラ』(あくまじょうドラキュラ、英題: Castlevania)は、コナミ(後のコナミホールディングス)から1986年9月26日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフトのアクションゲーム。ヴァンパイアハンターである主人公が吸血鬼ドラキュラを討伐するため、数々の怪物が巣食う悪魔城内を様々な仕掛けをかいくぐりながら進んでいくホラーアクション。コナミのディスクシステム参入第1弾のソフトとして発売された。
引用元:悪魔城ドラキュラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E5%9F%8E%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9