サンライズのアニメ『勇者王ガオガイガー』『機動戦士ガンダム』『魔神英雄伝ワタル』『無敵超人ザンボット3』

207ProJfDj
次のうち、アニメ会社
サンライズが制作した
ロボットアニメを1つ選びなさい
勇者王ガオガイガー(答)
六神合体ゴッドマーズ 「東京ムービー新社」
ゲッターロボ 「東映動画」
機動戦士ガンダム(答)
超時空要塞マクロス 「タツノコプロ」
新世紀エヴァンゲリオン 「ガイナックス」
交響詩篇エウレカセブン 「ボンズ」
魔神英雄伝ワタル(答)

株式会社サンライズ(英: SUNRISE Inc.)は、アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作を主な事業内容とするバンダイナムコグループ傘下の日本の企業。日本動画協会正会員。
>1976年11月に東北新社傘下から離脱。株式会社日本サンライズに改組・商号変更し、東映本社作品と円谷プロ作品のアニメーション制作を下請け。サンライズの飯塚正夫によると『ゼロテスター』や『勇者ライディーン』などで得た利益はすべて東北新社にいって、彼らは給料が上がらず不満が溜まっていたそうである[6]。一説には利益の配分を巡る喧嘩別れとも言われる[7]。翌1977年の『無敵超人ザンボット3』にて初めて自社企画制作作品を世に送り出す。1979年制作の『機動戦士ガンダム』とその後の劇場用作品により、アニメ業界にリアルロボットブームを興した。
>1987年、従来のオリジナル企画主体の路線から転換し、『ミスター味っ子』『シティーハンター』『バツ&テリー』などを端緒に原作付き作品を手がけることが増えていった。同時期にリアルロボットブームが下火になったのを見るや、『機甲戦記ドラグナー』を最後にガンダム由来のリアルロボット系作品に依存した体制からも一旦脱却し、玩具メーカーとのタイアップのオリジナル企画においても『魔神英雄伝ワタル』を機に子供がロボットに乗る、或いはロボットと友情を育むことで敵を倒すロボットアニメが登場した他、『鎧伝サムライトルーパー』の関連作品の成功を受けて容姿端麗な美少年が特殊アーマーを装着する変身ヒーロー作品が幅を利かせた。また、1990年代前半には当時のガンダムよりも下の年齢層をメインターゲットとした『勇者シリーズ』が商業的な成功を収めるなど、元々得意とするオリジナル作品も堅調に推移した。
>2000年以降は、更に様々なジャンルの作品を手がける様になった。(なお、かつての主軸でもあった玩具をメインとしたコンテンツとのタイアップ作品は、2004年の『陰陽大戦記』以降激減している)
ガンダム以外のオリジナルロボット作品 – 『コードギアス』シリーズ、『ゼーガペイン』など
ゲームを主軸とした企画とのタイアップ作品 – 『バトルスピリッツ』シリーズ、『アイカツ!』など
コミック原作作品 – 『ケロロ軍曹』・『銀魂』など[注 3] – ギャグ・パロディ要素の多い作品を手がける傾向がある。
非コミック原作作品 – 『境界線上のホライゾン』・『アクセル・ワールド』(ライトノベル原作)、『Colorful』(小説原作) – 『映画 かいけつゾロリ』シリーズ(児童小説原作)など
自社参加・読者参加企画発祥のメディアミックス作品 – 『ラブライブ!』
引用元:サンライズ (アニメ制作会社) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BC%9A%E7%A4%BE)

『勇者王ガオガイガー』(ゆうしゃおうガオガイガー、The King of Braves GaoGaiGar)は、1997年(平成9年)2月1日から1998年(平成10年)1月31日まで名古屋テレビ・テレビ朝日系列で土曜 17:00 – 17:30[1]に全49話が放送された、名古屋テレビ・サンライズ制作のSFロボットアニメ作品。『勇者シリーズ』の第8作でもあり、『無敵超人ザンボット3』より続いた名古屋テレビ制作および土曜17時台で放送された最後のサンライズで制作されたロボットアニメであり、関連作を除くシリーズ最初で最後のステレオ放送でもある。
引用元:勇者王ガオガイガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%87%E8%80%85%E7%8E%8B%E3%82%AC%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC

『六神合体ゴッドマーズ』(ろくしんがったいゴッドマーズ)は、日本テレビ系列で放送された東京ムービー新社製作のロボットアニメである。ナレーターは蟹江栄司。
引用元:六神合体ゴッドマーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E7%A5%9E%E5%90%88%E4%BD%93%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA

『ゲッターロボ』は、永井豪と石川賢原作のマンガ、及び、アニメーションである。1974年(昭和49年)4月4日から1975年(昭和50年)5月8日までフジテレビ系で毎週木曜日19時00分 – 19時30分に全51話が放送された、東映動画(現・東映アニメーション)製作のロボットアニメ、および、同作に主役として登場する架空のロボット名である。ゲッターロボは本作以後もTVアニメやOVAなどで多数制作されており、漫画でも数多くのシリーズが存在していて、本作のロボット自体は他の作品にも登場している。
引用元:ゲッターロボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C

『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。
引用元:機動戦士ガンダム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

『超時空要塞マクロス』(ちょうじくうようさいマクロス)は、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された。
「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作である。
引用元:超時空要塞マクロス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%99%82%E7%A9%BA%E8%A6%81%E5%A1%9E%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

『新世紀エヴァンゲリオン』(しんせいきエヴァンゲリオン、Neon Genesis EVANGELION)は、日本のテレビアニメ作品。略称は「エヴァンゲリオン」「エヴァ」「EVA」。
>庵野秀明監督、GAINAXの原作によるSFアニメ作品。大災害「セカンドインパクト」後の世界(2015年)を舞台に、巨大な人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描く。
引用元:新世紀エヴァンゲリオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

『交響詩篇エウレカセブン』(こうきょうしへんエウレカセブン、Psalms of Planets Eureka seveN)は、ボンズ製作の日本のSFロボットアニメである。2005年4月17日から2006年4月2日まで毎日放送を制作局として、TBS系列で、日曜日の7時00分から7時30分の時間帯に放送された。全50話。
引用元:交響詩篇エウレカセブン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E8%A9%A9%E7%AF%87%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3

『魔神英雄伝ワタル』(マシンえいゆうでんワタル)は、1988年4月15日から1989年3月31日まで日本テレビ系の毎週金曜日17時00分から17時30分の時間帯で放送。サンライズ制作による日本のテレビアニメ。全45話。
引用元:魔神英雄伝ワタル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E7%A5%9E%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%AB