テニスの漫画『見上げてごらん』『ベイビーステップ』『天然ビターチョコレート』

177QAAQvnY
次のうち、テニスを題材にした
漫画を1つ選びなさい
ウインドミル 「ソフトボール」
見上げてごらん(答)
まつりスペシャル 「プロレス」
少女ファイト 「バレーボール」
ベイビーステップ(答)
ササメケ 「サッカー」
光の伝説 「新体操」
天然ビターチョコレート(答)

wEwtDGC
全国にその名を轟かす名門・聖稜高校テニス部……超ポジティブなテニス素人・遊沢了の世界への挑戦がここから始まる! 『ファンタジスタ』の作者が描く本格テニスストーリー!!
引用元:見上げてごらん 草場道輝 – コミック小学館ブックス 公式配信 https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=6967

RXpsacS
成績はずっとオールA! 几帳面でマジメな“エーちゃん”が、ちょっぴりいい加減!?でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会ったことで、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!? 快感、そして悶絶のらせん‥‥。数式じゃ表せない、衝撃的な人生の化学変化が始まった!!
引用元:『ベイビーステップ(1)』(勝木光):講談社コミックス|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063639575

cLQeFkh
好きになったら一直線! だけど振られ続けの千夏が、高校入学初日に一目ぼれしたのはテニス部のエース・葛西センパイ。早速入部するも、練習は超ハード。しかもあっさり振られ、センパイの彼女にはにらまれ、大ピンチ!! でも幼なじみの育(いく)の言う通り、恋は簡単に手に入ったらつまらない、よね…。
引用元:天然ビターチョコレート 芦原妃名子 – コミック小学館ブックス 公式配信 https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=1623

『見上げてごらん』は、「週刊少年サンデー」で2005年16号より2006年45号まで連載された草場道輝による漫画作品。テニスを題材としている。全77話、全8巻。
>剣道の推薦で聖稜高校に入学した遊沢了だが、テニス部に入部してしまう。テニスに関しては全くの素人である了だが、驚くほどの才能の片鱗を見せ、完全実力主義(一つ葉から五つ葉まであり、学年は関係なく葉っぱの多さがものをいう)のテニス部でその地位を向上させていく。
引用元:見上げてごらん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%A6%E3%81%94%E3%82%89%E3%82%93

『ベイビーステップ』(Baby steps)は、勝木光による日本の少年漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ。『週刊少年マガジン』(講談社)において、2007年46号より連載中。2014年、第38回講談社漫画賞少年部門受賞。
>几帳面で真面目な男子高校生・丸尾栄一郎が、テニスの魅力に目覚め、成長していく青春ドラマ[2]。
作者の勝木光はテニス経験者であり、本作は綿密な取材に基づいて現実的な技術や戦術、トレーニング理論が描かれている。男子シングルスをメインに扱っており、ダブルスはほとんど描かれていない。
タイトルの英語表記は「Baby Steps」となっているが、日本語表記では最後に「ス」はつかない。
2014年4月から9月までテレビアニメ第1シリーズが、2015年4月から9月まで第2シリーズが放送された。
引用元:ベイビーステップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97

『天然ビターチョコレート』(てんねんビターチョコレート)は、芦原妃名子による日本の漫画。『別冊少女コミック』(小学館)にて、2001年4月号から2002年4月号まで連載された。全12話。単行本は別コミフラワーコミックスより全3巻。
>小学校・中学校と振られ続けの遠藤千夏は、高校入学初日にテニス部2年の葛西由行に一目惚れ。早速テニス部に入部したものの、練習はきつく上下関係も厳しい上、由行にはあっさり振られてしまう。それでも由行を自分に振り向かせようと奮闘するが……。
引用元:天然ビターチョコレート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

『ウインドミル』は、橋口隆志による日本の漫画。『少年サンデー超増刊』(小学館)において1997年から2001年まで連載された。全44話。単行本は小学館(少年サンデーコミックス)から全11巻。
>ひょんなことからソフトボールに魅了された天才ボウラー広沢滝が埼玉光栄高校ソフトボール部に入部し、その才能を開花させるスポ根作品。
引用元:ウインドミル (漫画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AB_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

『まつりスペシャル』は、神尾葉子による日本の漫画作品。『ジャンプスクエア』(集英社)にて2007年12月号(創刊号)から2009年10月号まで連載された。単行本は全4巻。
>主要人物[編集]
羽生 まつり(はにゅう まつり)
声 – 坂本真綾
本作の主人公でありヒロイン。ごく普通の女子高生として過ごしているが、まごころプロレスに所属している現役女子高生レスラーハニープリンセスという絶対に人には言えない裏の顔を持っている。勝てない所がウケている仮面レスラーで、その活躍(?)から真心プロレスは借金返済することが出来たが、本人ではプロレスが大嫌いで、肉団子のように転がっている姿を見られたくなかったという。悪役プロレスラーを父に持ち、3歳の頃から柔道を習い、小学生時代に怪力を出したことでクラスメイトから疎外された過去を持つ。Mっ気を持ち、諸角の冷酷さ等により思い悩む日々を送っていたが、ひょんなことから重松に自分の一面を認められる。
引用元:まつりスペシャル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB

『少女ファイト』(しょうじょファイト)は、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品。『イブニング』(講談社)にて2006年2号より連載中。高校の女子バレーボールを扱っている。
>本作品のタイトルは、作者の前作『G戦場ヘヴンズドア』に登場した架空の漫画雑誌『週刊少年ファイト』をもじったもの。作者は小学生時代バレーボール部に所属しており[2]、「人に気を使う球技」「人生の縮図」として感じたとし、作品の題材にしたかったと述べている。また、作者が30代になり経験を積み余裕が出来たことから、20代の頃では未熟で出来なかったスポーツ漫画を描こうと思ったとのこと。[3]
引用元:少女ファイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88

『ササメケ』とは、ゴツボ×リュウジによる日本のサッカー漫画である。『少年エース』(角川書店)2001年2月号から2004年1月号にかけて連載された。全5巻。本項では続編の『ササナキ』についても併載する。
>主人公の長浜楽市は小学時代からサッカーが上手く、全国でも名を知られるほどだった。両親の都合で中学時代をイタリアで過ごすが、そこでは自分のサッカーが通用せず、挫折を味わう。帰国後、地元の県立竹生島高校に編入学して普通の高校生活を送ろうとする楽市だったが、本人の意思はそっちのけで、イタリア帰りという経歴を買われてサッカー部に入部させられる。性格に難があるエースとその他大勢の選手に囲まれながら、楽市は県大会に進んでいく。
引用元:ササメケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%83%A1%E3%82%B1

『光の伝説』(ひかりのでんせつ)は、麻生いずみ作で「マーガレット」(集英社)にて連載された、新体操を題材にしたスポーツ漫画。及び、それを原作としたテレビアニメである。
コミックは、全16巻。
>愛香学園中等部二年生で、新体操部員の上条 光がライバルである椎名葉月とともに天性の才能を伸ばし、世界を舞台に活躍する。新体操を物語のメインとし、光を想う二人の男子生徒との切ない恋愛模様も描く。
引用元:光の伝説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC