「リギルドセンチュリー」 『ガンダムGのレコンギスタ』の時代 ベルリ・ゼナム アイーダ・スルガン

102RazvxMKvpd
2014年放送のアニメ『ガンダム
Gのレコンギスタ』の舞台となる
宇宙世紀が終演した後の時代は
「◯◯◯◯センチュリー」?
ルトダネリ
スードギク
→リギルド
「リギルドセンチュリー」

本作の舞台は、これまで富野総監督が描いてきた宇宙世紀のその後の時代となる“リギルド・センチュリー”。この世界では、地球と宇宙をケーブルでつなぐ宇宙エレベーター「キャピタル・タワー」が地上からそびえ立っていた。この宇宙エレベーターは、地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙からもたらすがゆえに神聖視されていた。その警備組織キャピタル・ガードの候補生ベルリ・ゼナムは、初めての実習の最中、謎のモビルスーツ「G-セルフ」を操縦する海賊部隊の少女アイーダに出会い、そこから運命が動き始める。
引用元: 富野由悠季総監督が明かす「ガンダム Gのレコンギスタ」製作経緯と強い覚悟 : 映画ニュース – 映画.com

ベルリ・ゼナム/CV:石井マーク
本作の主人公。キャピタル・タワーの警備組織“キャピタル・ガード”養成学校の候補生の少年。
成績優秀者であり、養成学校で飛び級している。「G-セルフ」を動かせる三人の内の一人。
アイーダ・スルガン/CV:嶋村侑
宇宙海賊の少女。凛々しくも、どこかまだあどけなさが残る。捕獲された際にアイーダ・レイハントンと名乗るがその素性にはある秘密が隠されていた。
ラライヤがもたらした謎のモビルスーツ「G-セルフ」を動かせる三人の内の一人。
引用元: ガンダム Gのレコンギスタとは (ガンダムジーノレコンギスタとは) [単語記事] – ニコニコ大百科