孫悟空が主人公の『西遊記』漫画『最遊記RELOAD』『ドラゴンボール』 最遊記シリーズ「RELOAD」「BLAST」

109yjJoNnF
104AEaNziW
次の『西遊記』をモチーフに
したアニメのうち
主人公の名前が孫悟空である
ものを全て選びなさい
『最遊記RELOAD』(答)
『SF西遊記スタージンガー』 「ジャン・クーゴ」
『ドラゴンボール』(答)
『イタダキマン』 「孫田空作」

CIMG4716yxlHhtRpOnha
CIMG4717anLAGRkIaOsp
峰倉かずやの漫画「最遊記』の
続編は『最遊記RELOAD』ですが

『最遊記RELOAD』の続編で
シリーズ最終作となるのは
『最遊記RELOAD ◯◯◯◯◯』?
◯を答えなさい
BLAST(答)


女性漫画家
『WILD ADAPTER』
『BUS GAMER』
『最遊記RELOAD」』
峰倉かずや(答)

CIMG1219LGanuWLZQHge
『幻想魔伝 最遊記』に登場
関俊彦が声を担当
酒・煙草・博打
武器は昇霊銃
玄奘三蔵(答)
孫悟空
猪八戒
沙悟浄

043xmpaTOR
1978年に放送されたアニメ
『SF西遊記スタージンガー』
で、孫悟空をモデルにした
主人公の名前は?
ークャジン・ゴ
ジャン・クーゴ(答)
引用元:ジャン・クーゴ『SF西遊記スタージンガー』 「ジャンジャンやろうぜ!ジャン・クーゴ」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/16109/

『最遊記シリーズ』(さいゆうきシリーズ)とは、峰倉かずや原作による漫画作品『最遊記』、『最遊記RELOAD』(さいゆうきリロード)、『最遊記RELOAD BLAST』(さいゆうきリロード ブラスト)、『最遊記外伝』(さいゆうきがいでん)、『最遊記異聞』(さいゆうきいぶん)の総称。また、それらを元に制作されたドラマCD(ラジオドラマ)、OVA、テレビアニメ、劇場アニメ、小説、コンピューターゲーム、舞台(ミュージカル)などといったメディアミックス展開含めた作品群である。
>本編[編集]
玄奘三蔵、孫悟空、沙悟浄、猪八戒ら、三蔵一行が西へと向かう物語。
>あらすじ
物語の舞台は桃源郷。かつては、人間と妖怪とが共存する平和な世界だった。しかし、500年前に闘神・哪吒(なたく)太子によって、天竺国・吠登城に葬られた大妖怪「牛魔王」を禁断とされている「化学と妖術の合成」によって復活を目論む者が現れた。その影響で、「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始めた。
混沌と化す桃源郷、この事態を重く見た観世音菩薩は三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、沙悟浄、猪八戒らを連れて西へ行くように命じる。こうして4人はジープ[3]に乗り、西を目指す旅が始まる。全ては「牛魔王」蘇生実験の阻止のために。
引用元:最遊記シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%81%8A%E8%A8%98%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

AClrccH
文庫版 最遊記RELOAD 1巻
峰倉かずや
破天荒な一行の旅はまだまだ続く!
「最遊記」に続いて「最遊記RELOAD」が文庫版として発売中!!
引用元:一迅社WEB | 既刊検索 http://data.ichijinsha.co.jp/book/booksearch/booksearch_detail.php?i=75803116

『SF西遊記スタージンガー』(エスエフさいゆうきスタージンガー)は、1978年4月2日から1979年6月24日までフジテレビ系列局で放送されていた松本零士原作のテレビアニメである。その後も1979年7月1日から同年8月26日まで『SF西遊記スタージンガーII』と題して放送されていた。いずれも東映動画と旭通信社の共同製作。全73話。放送時間は毎週日曜 19:00 – 19:30 (日本標準時)。
引用元:SF西遊記スタージンガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SF%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)は、鳥山明(BIRD STUDIO)による日本の漫画作品。略称は『DB』。
>世界中に散らばった7つの玉を全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝「ドラゴンボール」と、主人公「孫悟空(そんごくう)」を中心に展開する「冒険」「努力」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画である。
引用元:ドラゴンボール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

『タイムボカンシリーズ イタダキマン』は、『タイムボカンシリーズ』第7作目としてフジテレビ系列で1983年4月9日から同年9月24日まで毎週土曜夜7時30分 – 8時00分に全20回(ただし、野球中継のために本放映では第19話が未放映)が放映された、タツノコプロで制作されたテレビアニメ。 タイムボカンシリーズ最後のモノラル放送でもある。
>各種設定は『西遊記』をモチーフにし、前作までの巨大ロボット路線から巨大変身するヒーローものになっている。本作ではタイムトラベルはしない[1]が、シリーズの主たるテーマだった「モノ探し」の要素が復活。作風も前番組『逆転イッパツマン』にあったシリアスな要素が払拭され、シリーズ本来のコメディーとなり、原点回帰を目指した。
>イタダキマン[編集]
孫田 空作(まごた くうさく) / イタダキマン
声 – 田中真弓
生き別れの母を捜す10歳の少年。歴代シリーズ中最年少の主人公であり、シリーズ中最も好戦的で、その上粗暴で口が悪いヒーロー。戦闘中は減らず口をのべつまくなしに叩く。「たてまえトリオ」の持つ小猿ロボット「オモンキ」の出す音に反応してイタダキマンに変身する。
引用元:イタダキマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%80%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%B3