『新海綴の読解録』 八海薫 マガジンで連載された学園ミステリー

019SRuVsWh
「週刊少年マガジン」で
2014年3月に連載を開始した
高校文芸部の部長を主人公とする
八海薫の学園ミステリー漫画は?
録解海の読新綴
新海綴の読解録(答)
しんかいつづりのどっかいろく

新海綴が人名なのですね。

wVKLuRY
引用元:『新海綴の読解録(1)』():講談社コミックス|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063951134

新海綴の読解録(1)
シンカイツヅリノドッカイロク
著:八海薫
ちっちゃいくせに上から目線。怠け者でワガママだけど、天才的に頭がいい。この世の何よりも読書を愛する高校生・新海綴が、古今東西の文学作品たちをヒントに、学園に潜むあらゆる謎を読んで解く!
引用元:『新海綴の読解録(1)』():講談社コミックス|講談社コミックプラス http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063951134

『新海綴の読解録』(しんかいつづりのどっかいろく)は、八海薫による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2014年14号[出 1]から同年26号まで連載された。単行本は全2巻。
文学を織り交ぜた学園ミステリ漫画。文芸部の部長にしてベストセラー作家の高校生の少年が、学園の日常で起こったあらゆる事件を、持ち前の頭脳と数多の文学作品による豊富な知識から、その事件に相応した文学作品の物語に合わせて読解・推理し、加害者の真実を証明し解決していく物語。劇中での文学のテーマは一例として、古典文学の『伊勢物語』の『たけくらべ』や『筒井筒』などが劇中で扱われている。また、サブタイトルも文学作品の文章などから取られている。シリアスとコミカルを併せ持った作風が特徴。
>主要人物[編集]
新海綴(しんかい つづり)
本作の主人公。私立浪漫学院高校2年1組。文芸部の創始者で部長。身長150cm[出 3]。寝かした癖っ毛と鋭い目付き(釣り目)が特徴[注 1]。
一日中読書ばかりする、いわゆる「本の虫」であり、文学の知識が古典から幅広く豊富で頭の回転も速く、抜群の読解力を持つ。その持ち前の頭脳と文学知識で、身の回りに起こったあらゆる事件を、それに相応した文学作品の物語に沿い合わせた論理から読解・推理した上での天才的な発想により真実を証明し、解決していく。
引用元:新海綴の読解録 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B5%B7%E7%B6%B4%E3%81%AE%E8%AA%AD%E8%A7%A3%E9%8C%B2