『風魔の小次郎』2007実写ドラマ化

287qpckbOR
2007年に実写ドラマ化された
車田正美の漫画は?
『リングにかけろ』
『聖闘士星矢』
『男坂』
『風魔の小次郎』(答)

他肢に引っかかりがちです。『聖闘士星矢』は舞台化されたようです。

『風魔の小次郎』(ふうまのこじろう)は、車田正美による日本の漫画作品。1982年3・4号から1983年49号まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された。単行本はジャンプ・コミックス全10巻、ワイド版全6巻、文庫版全6巻。
>大人気を博した『リングにかけろ』の次の連載作品。現代に生き残っていた忍びの闘いを描く。1989年から1992年にかけてOVAが計3シリーズ作られた。
2007年7月26日、車田が自身の公式サイトにてテレビドラマ化を発表、同年秋に独立U局系にて放送された(詳細は後述)。
『ジャンプ』での本編連載終了から20年以上を隔てて、車田正美原作で作画を由利聡が担当する続編『風魔の小次郎 柳生暗殺帖』が『チャンピオンRED』(秋田書店)で連載されている(休載中)。
引用元:風魔の小次郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E9%AD%94%E3%81%AE%E5%B0%8F%E6%AC%A1%E9%83%8E

舞台[編集]
1991年版[編集]
「海皇ポセイドン編」がバンダイスーパーミュージカルとして舞台化された(1991年8月15日 – 9月1日、青山劇場)。脚本はアニメでシャカの声を当てている三ツ矢雄二が担当。当時デビュー間もなかったアイドルグループSMAPが主役の青銅聖闘士たちとポセイドンを演じた[16]。当時マーベラスエンターテイメント(後のマーベラスAQL)の取締役であったプロデューサー・片岡義朗とネルケプランニングの松田誠が漫画・アニメの舞台化として企画した作品群の第1弾であり[17]、後の『テニスの王子様』『サクラ大戦』のような、キャラクター人気を当て込んでの漫画・アニメの舞台化の流れの始まりとなった[18]。18日間31ステージの公演37万人を動員した[19]。
引用元:聖闘士星矢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E9%97%98%E5%A3%AB%E6%98%9F%E7%9F%A2