開始順『グラップラー刃牙』『バキ』『SON OF ORGE 範馬刃牙』 「ピクル」蘇った原人 古代の岩石層に塩漬け(ピクル)『範馬刃牙』

014MveRbiD
次の板垣恵介の漫画を
連載開始が早い順に
選びなさい
『グラップラー刃牙』
『バキ』
『SON OF ORGE 範馬刃牙』

121qoZDGpN
漫画『範馬刃牙』で初登場
烈海王を捕食
四足歩行も可能
古代から蘇った原人
ジョー・クレーザー
ピクル(答)
ガイア
ドリアン

『グラップラー刃牙』(グラップラーバキ)は、板垣恵介による日本の格闘漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載された。第1部はOVA化、TVアニメ化(2008年11月より、クラビット・アリーナにて配信)されている。続編として『バキ』、『範馬刃牙』、『刃牙道』があり本項ではこれらも併せて解説する。
外伝作品として、『バキ外伝 疵面-スカーフェイス-』『バキ外伝 創面(きずづら)』(原作:板垣恵介、作画:山内雪奈生)『バキ外伝 拳刃(けんじん)』(原作・構成:板垣恵介、原作協力:浦秀光、作画:宮谷拳豪)などがある。
>第1部 グラップラー刃牙[編集]
1994年にOVA化、2001年にはテレビアニメ化されている。全42巻。
>第2部 バキ[編集]
『グラップラー刃牙』の続編。全31巻。第1部に比べ、「恋愛」や「性」の要素が濃厚である。2004年には「週刊少年チャンピオン バトル増刊 バトリズム」に読み切り『範馬勇次郎誕生』を掲載。『範馬刃牙』2巻に収録されている。
>第3部 範馬刃牙[編集]
『バキ』の続編。全37巻。最終編である地上最強の親子喧嘩編で、刃牙と勇次郎の決着戦が繰り広げられた。また、『週刊少年チャンピオン』にて『範馬刃牙』の連載を中断して描かれた『ピクル』が収録された外伝も発行されている。
引用元:グラップラー刃牙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%88%83%E7%89%99

『ピクル』(PICKLE)は板垣恵介による日本の漫画、および主人公の名前。2007年35号より42号まで『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で全7話を短期集中連載。
>ピクル
本名不明。推定身長2mを越す色黒の巨漢。1億9000万年前の岩塩層[1]に埋まっていたため、ピクル(塩漬け)と命名される。胃の内容物や行動からティラノサウルスを捕食していたと推察されている。銃弾をも通さない強靭な肉体と強大な戦闘能力を持ち、警官隊・軍隊・M.P.B.Mを圧倒し、範馬勇次郎に勝る力を持つ。
引用元:ピクル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%AB

ジョー・クレーザー
烈海王(れつかいおう)がアメリカで行ったボクシング二試合目の対戦相手。体格的には決して恵まれておらず、年齢も36歳とボクサーとしては若くないためカイザーには才能の無いロートル(老いぼれ)と評されていた。

しかし実際そうでは無く烈海王が言うには「才能や体格に恵まれなかったが、それでも絶望を拒否して死線を踏み越えた男」だとして強い警戒心を抱いていた。深町もいちボクシングファンとしてジョー・クレザーのことはよく知っており、烈海王に対してもスパーリング2回と一度の試合しかやったことの無い人間では到底勝てないと忠告していた。
引用元:ジョー・クレーザー ‐バキの館 http://baki-yakata.com/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC/

ガイア(バキ)
CV:遊佐浩二

 『グラップラー刃牙』に登場する自衛隊最高戦力の5人組の一角。通称「超軍人ガイア」。
 その正体は衛生兵ノムラの持つ24人格の中で最も凶暴な人格であり、気弱なノムラの表人格とは異なり慇懃無礼で残虐なサディスト。
 ノムラが傭兵だった頃にアフリカの内戦で捕らえられ、危うく処刑されかけたことで覚醒した「気配」の察知能力に優れており、敵の攻撃を先読みすることができる。主なファイトスタイルは環境利用闘法で、周囲にあるモノや敵の心理を利用し相手を痛めつける。身体能力は10mは有る沼を飛び越える、忍者のように木の枝に飛び乗る、時速80㎞で走るなど非常に高く、本人曰く「オリンピックの金メダルなど私からしてみれば何の評価にもならない」らしい。
 また肺活量も常人の数倍であり、大声だけで並大抵の相手なら倒すことができる。
引用元:ガイア(バキ) (がいあ)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2(%E3%83%90%E3%82%AD)

ドリアン
【凶器攻撃+中国拳法(白林寺)】
米国の死刑囚。外見は思慮深い哲人風。死刑執行時に10分間の吊首に耐え、死刑執行時に居合わせた警官らを全員殺害する比類なき凶悪さを発揮する。その正体は、欧米人として初の中国拳法の最高位「海王」の称号を得た拳法家「怒李庵 海王」であり、その実力は武器に頼らずとも神心会の有段者の攻撃を片手で捌くほどである。相手を追い込む時にはシャルル・アズナヴールの「O Toi La Vie」を歌い上げる。ライターに仕込んだ特殊繊維(アラミド繊維をチタニウムと焼結させた、目に見えないほど細く頑丈なもの)などの隠し武器と催眠術を用いて戦う。
引用元:バキシリーズの登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9