『嘘喰い』うそぐい 迫稔雄(さことしお)の漫画 ギャンブラー「斑目貘」

015DSATDaAwEs
ギャンブラーの斑目貘を
主人公とする迫稔雄の漫画
嘘喰い
うそぐい

『嘘喰い』(うそぐい)は、迫稔雄(さこ としお)による日本の漫画作品。2006年24号から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中。コミックスは2013年11月19日発売の第31巻まで刊行中。累計発行部数は430万部以上[1]。
>斑目 貘(まだらめ ばく)
声 – 森川智之 / 勝杏里[2]
通称、嘘喰い。15歳の時、謎の賭博組織・倶楽部「賭郎」のメンバーを瞬く間に蹂躙した天才ギャンブラー。その存在は裏社会で一種の伝説となっている。ウェーブのかかった銀髪と碧眼、スーツ姿が特徴。彼の容姿に関しては男色家の眼にかなったり、緒島に初対面でモデルと誤解を受けたりと、美形である事を思わせる描写が散見される。
引用元: 嘘喰い – Wikipedia