『ウルトラマンガイア』「フォトンエッジ」「クァンタムストリーム」「スプリームキック」「高山我夢

231hbadBhk
スプリームキック
クァンタムストリーム
フォトンエッジ
フォトンストリーム
ウルトラマンコスモス
ウルトラマンガイア(答)
ウルトラマンダイナ
ウルトラマンティガ

「フォトンエッジ」
前傾姿勢から溜めを作り、ムチのようにしなった後で、額からビームが発射されます。

人々を守りたいという高山我夢の強い意思に地球が応え、赤い“大地の光”を与えてくれたために誕生した、赤い光の巨人。無論その人格は我夢そのものであり、常に優しさを内包した行動を見せる。しかし人類を含む全生命と地球の防衛がその目的であるため、その戦闘力のポテンシャルをアップさせる必要性は常にあり、我夢はそのことに努力していた。大地の力ゆえに、基本戦力は熱攻撃で、肉体戦でもパワフルさを見せたことも多い。なお、ガイアの口のデザインは、初代ウルトラマンBタイプのイメージだそうである。
>フォトンエッジ
名前の通り、光の刃。ガイアの頭部から超高熱の光刃を伸ばして、怪獣を一気に粉砕してしまう攻撃。
>クァンタムストリーム
腕をL字に組んで発射する、高熱の破壊光線。アパテーに使用したのが、初。
引用元:「ウルトラマンガイア」公式サイト:ウルトラマンガイアとは?(キャラクター概要) http://hicbc.com/tv/gaia/about_gaia/character/index.htm

>ガイアはV2となって、初めてタイプチェンジ的な能力を見せるようになった。それが全ての光を完全に解放した、ハイパータイプとでもいえるスプリーム・ヴァージョンへのヴァージョン・アップである。そのボディはいわゆるパワータイプ系のマッチョなものになり、圧倒的なパワーとスタミナでかなりの強敵でも瞬殺してしまう。まさに最強の戦士であるが、莫大なエネルギーを必要とするため、明確な描写はないもののその活動時間はそう長くはない模様である。
引用元:「ウルトラマンガイア」公式サイト:ウルトラマンガイアとは?(SV(スプリーム・ヴァージョン)) http://hicbc.com/tv/gaia/about_gaia/sv/index.htm

『ウルトラマンガイア』(ULTRAMAN GAIA)は特撮テレビドラマと、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。
制作は円谷プロダクション及び毎日放送。1998年(平成10年)9月5日より1999年(平成11年)8月28日まで全51話が毎週土曜日18:00 – 18:30にTBS系で放映された。なお、テレビ山口では夏休み等に集中放送、その他一部系列局では17時台に遅れネットしていた。
2008年1月6日から2009年3月15日までTBSチャンネルで放送された。
放映直前当時のキャッチフレーズは『正義の味方か、悪魔の使者か。』
>『ウルトラマンティガ』や『ウルトラマンダイナ』に続く、平成に入ってから製作されたウルトラマンのテレビシリーズ第3作目。また、20世紀に制作されたテレビシリーズとしては最後の作品でもあり、世界観の繋がっていた前2作から設定を一新し、時代設定を放映年代とほぼ同じ20世紀末とし、科学考証や人間関係などのリアリティが重視された他、ライバル的存在のウルトラマンアグルが登場している。
本作の主人公・高山我夢は科学者集団に属し、「ワームホール」「反物質」などの専門用語や造語が頻繁に使われて、ウルトラシリーズの中でもSF要素の強い内容となった。また、これまでの怪獣攻撃隊とはその組織構図が異なり、航空部隊や地上部隊、レスキュー部隊、海洋探査部隊が、各3名ずつのチームに別れて任務を遂行するという設定となっている。この他、TVクルーや天才科学者集団、上位防衛組織の諜報・特捜活動部隊なども準レギュラーとして登場している。
引用元:ウルトラマンガイア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2

『ウルトラマンコスモス』(ULTRAMAN COSMOS)は、2001年に円谷プロダクションが製作した特撮テレビシリーズおよび劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。
>春野ムサシ
杉浦太陽
>ウルトラマンコスモスが初めて地球に来訪し、春野ムサシと出会ってから8年後の西暦2009年。怪獣達は保護区域に隔離され、人類と共存している。
ある日、宇宙から光る物体が飛来し、保護区域にいた怪獣リドリアスに憑依。リドリアスは禍々しい姿に変貌し、暴れだした。SRC宇宙開発センターのパイロット候補生となっていたムサシはリドリアスを助けようとして窮地に陥るが、ウルトラマンコスモスに助けられた。
リドリアスを救ったムサシはコスモスと一心同体となり、その勇敢な行為からムサシはSRCの特捜部隊・TEAM EYESに入隊。彼らは怪獣たちを保護しながら、「カオスヘッダー」と名付けられた敵と対峙していく。
引用元:ウルトラマンコスモス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9

宇宙でアスカ・シンが謎の光と遭遇したことから生まれた光の巨人、ウルトラマンである。アスカが自らの光によって変身するため、このウルトラマンもアスカそのもので、2人目の“人間ウルトラマン”といえる。基本のタイプはフラッシュタイプと呼ばれるもので、ダイナテクターのパワーを生かした光線技の多彩さが特徴的。身体は、シルバーのボディにブルーとレッドのラインとなっている。戦闘スタイルは力強く、ダイナミック。それだけに、マイによって「ダイナミックのダイナ」、ウルトラマンダイナと名付けられた。
>ソルジェント光線
基本の必殺光線で、ウルトラマンのスペシウム光線のポーズで放つ。一撃で、怪獣を粉々にする。
引用元:「ウルトラマンダイナ」公式サイト:ウルトラマンダイナとは?(キャラクター概要) http://hicbc.com/tv/dyna/about_dyna/character/index.htm

3000万年前に超古代人を守っていた光の巨人の一人で、超古代文明の滅亡後、石像と化していたが、光となれる遺伝子を持つダイゴが一体化して復活した。その意思はダイゴそのもので、ゆえに“人間ウルトラマン”と言われ、ウルトラマンでありながらも人として人類の滅亡を食い止めるべく活躍した。まさに、光の英雄戦士である。基本のボディラインはレッドとパープルで、設定的にはマルチタイプと呼ばれ、スピードとパワーのバランスがとれている。光線技なども多彩である。
>ゼペリオン光線
代表的な必殺光線。セブンのワイドショット的な、腕をL字に組んで発射する。破壊力は、抜群。
引用元:「ウルトラマンティガ」公式サイト http://ultra2008.jp/tiga/