豊崎愛生のシングル順『love your life』 『オリコンとスパンコール』 『フリップ フロップ』 蜷川あむろ役『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』

028bxHZVZh
次の声優・豊崎愛生が
ソロでリリースしたシングルを
発売された順に選びなさい
『love your life』
『オリオンとスパンコール』
『フリップ フロップ』

「love your life」が名前由来らしいので、これが一番目なのは忘れても復活しやすいかも。他肢の有無は不明です。ウィキペディアにあった、『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』も合わせて復習しましょう。

SEkYgWy
引用元:豊崎愛生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B4%8E%E6%84%9B%E7%94%9F

CIMG3533
次の文字列を順に選んで
沖縄から来た転校生・
蜷川あむろをヒロインとする
漫画のタイトルにしなさい
ケンコー
全裸系
水泳部
ウミショー
『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』

豊崎 愛生(とよさき あき、1986年[3]10月28日 – )は、日本の声優、歌手、女優。ミュージックレイン所属。徳島県出身[3]。
代表作に『けいおん!』(平沢唯)[4][5][6][7]、『かみさまみならい ヒミツのここたま 』(メロリー)、『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』(鬼野笑美)、『シドニアの騎士』(科戸瀬イザナ)などがある[8]。
>2005年から2006年にかけて開催された「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」に応募・合格し、声優としてデビューする。声優を目指したきっかけとして、『土曜はナイショ!!』に届いた視聴者からの手紙で、それまで嫌悪していた自分の声を励みにしてくれる視聴者の存在を感じ、「声の仕事に就いて恩返ししたい」と思ったことを挙げている。
テレビアニメでは、2007年の『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』(蜷川あむろ役)で自身初のレギュラーを獲得するとともに主役デビュー。以降、名前のある役を演じるようになるとともに、『しゅごキャラ!』シリーズ(スゥ役)といった長期レギュラー作品へも出演するようになる。
>2009年4月に放送されたアニメ『けいおん!』の平沢唯[4][5]役で知名度を大きく上げる。自身23歳の誕生日となる2009年10月28日に「love your life」で歌手デビューを果たした。
引用元:豊崎愛生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B4%8E%E6%84%9B%E7%94%9F

スフィア(sphere)[注 1]は、女性声優4人による声優ユニット。所属レーベルはGloryHeaven。
>メンバー
寿美菜子
高垣彩陽
戸松遥
豊崎愛生
>ミュージックレインに所属する、寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生の4人で構成されており、それぞれが個別で声優としても歌手としても活動している。
引用元:スフィア (声優ユニット) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2_(%E5%A3%B0%E5%84%AA%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88)

「love your life」(ラブ・ユア・ライフ)は、豊崎愛生の1枚目のシングル。2009年10月28日にミュージックレインから発売された。
>love your life
タイトルは、豊崎の名前からヒントを得てつけられた[8]。
「生きていることへの感謝」をテーマに[8]、朗読や一対一での会話のような、ある意味での「狭い世界」で歌うことをイメージして作られた曲[9]。そうした想いから、歌詞中には「ありがとう」の言葉を入れてもらったという[7]。
豊崎はこの曲について、「歌を歌う」というよりも「メロディーにのせておしゃべりを楽しむ」という感覚に近い、と表現している[10]。
作詞、作曲を担当したRie fuにとって初となる、アーティストへの楽曲提供作品である[8]。
引用元:love your life – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Love_your_life

オリオンとスパンコール [4:11]
作曲:大沢圭一、編曲:関淳二郎・大沢圭一
豊崎曰く「鼻歌で歌えるような」曲で、タイトルの「オリオン」は、自身がオリオン座を見つけるのが得意だったことからつけられた[1]。内容に関しては、当初から自分の好きなものを入れることを決めており、スタッフが2曲に絞ったが、最終的に自分の声が入ったらどうなるだろうという好奇心から「オリオンとスパンコール」が選ばれた。なお今作では楽器録りにも立ち会っている[3]。
引用元:オリオンとスパンコール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

前作「オリオンとスパンコール」から5ヶ月ぶりのリリースとなるシングル。
本曲は、テレビ東京『絆体感TV 機動戦士ガンダム 第07板倉小隊』第4期のエンディングテーマに起用された。
引用元:フリップ フロップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97_%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97