『私立!三十三間堂学院』佐藤ケイのライトノベル

057BauWMay
学校唯一の男子・後白河法行を
主人公とする、佐藤ケイの
ライトノベルは?
『私立!三十三間堂学院』(答)
『私立!平等院学院』
『私立!清水寺学院』
『私立!金閣寺学院』

EoGewYa
私立! 三十三間堂学院
著者/佐藤ケイ イラスト/かみやまねき
定価/(本体590円+税)
2005年2月10日発売
ISBN 978-4-8402-2940-1
女ばかりの高校に転校してきた後白河法行。学校内では当然のごとく彼を巡っての壮絶なバトルが勃発する! 女子高生ワンサカ登場、佐藤ケイの学園群雄戦略ラブコメ!
引用元:私立! 三十三間堂学院|電撃文庫公式サイト http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-8402-2940-1/

『私立!三十三間堂学院』(しりつ!さんじゅうさんげんどうがくいん)は、佐藤ケイによる日本のライトノベル。挿絵、イラストはかみやまねきが担当している。2005年5月から刊行されている。『電撃帝王』の第2号から第11号にもビジュアルノベルが連載されていた。
>突然の事故で両親を亡くし、遠い親戚である千住花音の家に引き取られることになった高校生、後白河法行。彼が転入することになった三十三間堂学院はもともと女子校であり、共学化の時期の関係で男子は編入した法行ただ一人だった。唯一の男子である上に容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能の法行をめぐって女の戦いが勃発することに…
引用元:私立!三十三間堂学院 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%AB%8B!%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%B8%89%E9%96%93%E5%A0%82%E5%AD%A6%E9%99%A2

佐藤ケイ(さとう けい、1976年11月11日 – )は、日本のライトノベル作家。好きな言葉は「水は万物を利して而も争わず」。
>大阪大学大学院哲学科在籍中に、甲南大学文学部在籍時からの友人に説得されて処女作『天国に涙はいらない』を執筆する。2000年に開催された第7回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)で金賞を受賞し、2001年に同作でデビューを果たす。同作はシリーズ化され、2005年8月現在で第11巻まで刊行されている。2002年にはCD・ラジオドラマ化もされた。
同シリーズは電撃文庫における萌え小説の原点的シリーズとされ[1]、ライトノベルの分野で意識的に「萌え」を取り上げたパイオニア的存在となるが、作中では読者を萌えさせるのではなく、萌え狙いのキャラクターに作中人物が萌える様を読んで楽しむという構造になっており、出版当初はどのように読めばよいのか分からず戸惑う読者も多かった。匿名掲示板2ちゃんねるの作者スレッドでその作風を評して「メタ視点から萌えを楽しむ」すなわち「メタ萌え」という言葉が生まれ、以降この作品を説明する際に多用された。
引用元:佐藤ケイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%82%B1%E3%82%A4