TVドラマ化された漫画『ブラックジャックによろしく』『LIAR GAME』『クロサギ』

122ohlOWEB
次のうち、TVドラマ化された
漫画を1つ選びなさい
おやすみプンプン
ブラックジャックによろしく(答)
ぷりぷり県
高校球児ザワさん
LIAR GAME(答)
クロサギ(答)
砂の栄冠
頭文字D

『ブラックジャックによろしく』は、佐藤秀峰による日本の漫画、またそれを原作とした同名のテレビドラマ。研修医斉藤英二郎が目にする日本の大学病院や医療現場の現状を描く。医療監修は長屋憲。
>ストーリー[編集]
名門「永禄大学医学部」を卒業した斉藤英二郎(妻夫木聡)は、永禄大学附属病院で研修医として働くことになった。医師になるには医師免許を取得してから2年間、実際の現場の指導医の元で臨床研修を受けなければならない。しかし、月給は3万8千円。上京して一人暮らしをしている英二郎はそれだけでは当然足りない。そのために、他の病院で夜間救急の当直医のアルバイトをすることになるが、結果として厳しい日本の医療事情を身を以て経験することとなる。
引用元:ブラックジャックによろしく – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F

『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は、甲斐谷忍の漫画作品『LIAR GAME』を原作とした戸田恵梨香と松田翔太主演のテレビドラマ。
>シーズン1[編集]
「バカ正直のナオ」とあだ名されるほど人を信じやすい少女、神崎 直(カンザキ ナオ)。末期がんでホスピスに暮らす父を看病しながらも、直は日々明るく暮らしていた。そんな彼女の元にある日「LGT事務局」なる謎の差出人からメッセージカード付きの小包が届く。中に入っていたのは1本のビデオテープと、そして現金1億円。メッセージカードには「LIAR GAMEに参加される場合のみ小包を開封して下さい」との注意書きがあり、それを見もせずに開封してしまったことから、直は対戦相手とマネーを奪い合う「LIAR GAME」に参戦する羽目になる。
引用元:LIAR GAME (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/LIAR_GAME_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『クロサギ』は、2006年4月14日から6月23日まで毎週金曜日22:00 – 22:54[1]に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は山下智久。
>漫画作品『クロサギ』を原作とするテレビドラマ。本作は、山下智久にとって初の単独主演作であり、2006年のTBS連続ドラマの中で、平均視聴率ではNO.1を記録する人気であった。
山下智久と堀北真希は『野ブタ。をプロデュース』以来、3か月ぶりの共演である。
引用元:クロサギ (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%82%AE_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『おやすみプンプン』は、浅野いにおによる漫画。2007年から『週刊ヤングサンデー』に、同誌の休刊により、その後2008年から2013年まで『ビッグコミックスピリッツ』に連載された。単行本は全13巻。
>どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。
この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。
引用元:おやすみプンプン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3

『ぷりぷり県』(ぷりぷりけん)は、吉田戦車による漫画、および作中に登場する架空の県。1995年から1998年まで『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。単行本は全5巻(小学館)。
>就職のために「ぷりぷり県」から上京してきた青年つとむが他県出身者とのお国自慢で競い合うギャグ漫画。特にぷりぷり県の風土・文化・風習は奇抜である。
引用元:ぷりぷり県 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B7%E3%82%8A%E3%81%B7%E3%82%8A%E7%9C%8C

『高校球児ザワさん』(こうこうきゅうじザワさん)は、三島衛里子による日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ増刊号Casual』2008年6月7日号(小学館)に読み切りが掲載され[1]、その後同年8月の『ビッグコミックスピリッツ』(同社)39号から2013年13号まで連載された。2011年、第2回サムライジャパン野球文学賞大賞受賞。
>西東京にある野球強豪校[2]の日践学院高校硬式野球部を舞台に、唯一の女子選手である主人公・都澤理紗の高校生や野球部員としての日常を、短いページ数の一話完結形式で描く。主要人物や描かれる内容は野球部やその関係者がメインで試合中の描写もあるが、各話は独立したエピソードで構成され、全体を通してのストーリーは無い。また、登場人物は進級しない方式で描かれていたが、2011年6月の28号で都澤ら1年生は2年生に進級した。
引用元:高校球児ザワさん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E7%90%83%E5%85%90%E3%82%B6%E3%83%AF%E3%81%95%E3%82%93

『砂の栄冠』(すなのえいかん)は、三田紀房による日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2010年30号から2015年37・38合併号まで連載された[1]。
>三田紀房による『甲子園へ行こう!』以来の長編野球漫画。
高校野球と金(かね)がテーマになっており、一般的な野球漫画と比べてブラックな要素が散見される。 また、高校野球を単なる学生スポーツとしてでなく「興行」であることを強調しており、野球部員たちが「さわやかな高校球児」を演じることにより試合を有利に進めようとする様が描かれている。
本作品の舞台は、選抜高校野球大会に過去2度出場した進学校である群馬県立高崎高校がモデルとなっている[2]。
引用元:砂の栄冠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E3%81%AE%E6%A0%84%E5%86%A0

『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。
>作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない[3]。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。
>主人公が公道バトルでドライブするトヨタ・スプリンタートレノ・AE86型、通称「ハチロク」は1987年に生産終了するが、本作の人気にともない中古車市場価格が高騰する現象を生んだ。後にそれらの現象の影響は、2012年にトヨタ自動車から発売された小型FRスポーツカー「トヨタ・86」を生み出したきっかけの一部ともなっている。 また、86のコンセプトネームだった「FT-86」の「FT」は主人公の藤原拓海のイニシャルから取ったとも言われている。
引用元:頭文字D – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E6%96%87%E5%AD%97D