故郷がM78星雲「ウルトラマンメビウス(40周年作品)」「ウルトラマンネオス(OVA作品)」

193wiuHKbk
次のうち、M78星雲を故郷とする
ウルトラマンを全て選びなさい
ウルトラマンエース(答)
ウルトラセブン(答)
ウルトラマンネクサス
ウルトラマンティガ
ウルトラマンネオス(答)
ウルトラマンメビウス(答)
ウルトラマンゾフィー(答)

このあと、中国との合作の中断を経て、改めてM78星雲や宇宙警備隊の設定を生かしたTVシリーズとしてTBSで企画されていた『ウルトラマンネオス』は、取得できた放映枠がMBSの枠であったため、円谷プロは新たにM78星雲とは無縁の設定の『ウルトラマンティガ』(1996年)に企画を変更した。結果として、原点回帰的にM78星雲の設定を捨てた『ティガ』以降のシリーズは大ヒットを迎えた。
>そして、ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品『ウルトラマンメビウス』(2006年)で、完全にファミリー設定が復活した。第1話ではゾフィーから80までの歴代ウルトラマンが登場し、新しい兄弟になるメビウスをウルトラの父、レオとアストラ、80とユリアンで地球に送り、映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』(2006年9月16日)では、ゾフィーからタロウのウルトラ6兄弟が地球に勢揃いした。『メビウス』放送終了後も外伝作品をスピンオフさせ、この路線を継続させている。
>2014年現在、正式に「ウルトラ兄弟」を構成するウルトラマンは以下の通り。
1.ゾフィー
2.ウルトラマン
3.ウルトラセブン
4.ウルトラマンジャック
5.ウルトラマンエース
6.ウルトラマンタロウ
7.ウルトラマンレオ
8.アストラ
9.ウルトラマン80
10.ウルトラマンメビウス
11.ウルトラマンヒカリ
>そのほかにもM78星雲出身のウルトラマンは存在するが、ウルトラ兄弟の一員との設定はされていない。
引用元:ウルトラ兄弟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E5%85%84%E5%BC%9F

『ウルトラマンメビウス』は、円谷プロダクションが制作した巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマの作品名およびその劇中で主人公が変身するヒーローの名前である。2006年(平成18年)4月8日から2007年(平成19年)3月31日まで中部日本放送(CBC)・TBS系列で全50話が放送された。
>本作は「ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品」である。
それまでのTVシリーズのなかで、劇中で同一の世界観とが明確に表現されている『ウルトラマン80』までの作品の続編とし、『80』の最終回(第50話)でウルトラマン80(とユリアン)が地球を去ってから25年間、地球に怪獣や宇宙人が一切現れなかった世界を舞台とする。
本作は単に、昭和の歴代ウルトラマンや過去の人気怪獣・宇宙人(主に第2期ウルトラシリーズ[1])が登場するだけでなく、怪獣・宇宙人にまつわる事件を登場人物の口から語らせたり、過去の名ゼリフや語句・事件を引用することで旧作との繋がりを明示している。40周年記念作品ということもあり、全体的にM78系ウルトラマンシリーズの集大成とも言える内容となっている(最後の敵などはその顕著な例)。
引用元:ウルトラマンメビウス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B9

『ウルトラマンネオス』は、1995年にパイロット版として製作され、2000年11月22日から2001年5月5日まで、オリジナルビデオとして制作されたウルトラシリーズの作品。また、その劇中に登場する架空のキャラクターの名前。
>本作品はこれまでのウルトラシリーズと違った方法で1995年にデビューした。
テレビや映画での作品ではなく「イベントや出版物上でしか見られないウルトラマン」として企画され、後述するオリジナルキャラクター「ウルトラセブン21(ウルトラセブンツーワン)」とのダブルキャストで誕生し、同時にパイロットフィルムが作成された。この企画は「最初はイベントや雑誌への出演で徐々に人気を盛り上げ、行く行くはウルトラマン80以来のテレビシリーズを実現させる」ことを目的としたものだった[1]。
>オリジナルビデオ作品は久々のM78星雲光の国出身の宇宙警備隊員であるウルトラマンを主役とした作品で、第1話は人類と怪獣や宇宙人とのファーストコンタクトとして描かれている。また、主人公が既にウルトラマンと融合した状態で登場している(OPでは主人公がウルトラマンと出会う切っ掛けの事故が描かれている)。
引用元:ウルトラマンネオス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B9

『ウルトラマンネクサス』は、円谷プロダクションが製作し、2004年(平成16年)10月2日から2005年(平成17年)6月25日まで中部日本放送・TBS系列で毎週土曜日の7:30 – 8:00(JST)に全37話が放送された、巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマの作品名と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。
>作中世界では「ウルトラマンに変身できる人間=デュナミスト(適能者)」が複数登場し、彼らの代替わりが描写された。タイトルの「ネクサス(絆)」とは、ウルトラマンの力が次代へ伝えられることを意味する。
引用元:ウルトラマンネクサス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9

『ウルトラマンティガ』(ULTRAMAN TIGA)は、円谷プロダクション・毎日放送が制作した特撮テレビドラマの番組名と、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までTBS系で毎週土曜日18:00 – 18:30に全52話が放送された。1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞した。
>M78星雲の宇宙人やウルトラ兄弟など、従来のウルトラシリーズで使われた設定を引き継がず、旧作の続編ではない物語として作られた。本作でのウルトラマンは、滅び去った古代文明とその住人の守護者だった「光の巨人」で、新たな時代を迎えようとする人類を守る存在として復活したという設定である。それに対して「光」を手にしようとする人類を妨害、あるいは誘惑する者たちも現れる。
>マドカ・ダイゴ隊員 / ウルトラマンティガ
本作の主人公。23歳。
かつてはTPC輸送部に所属していたが、3年前に異星人に拉致されそうになったサワイ総監を救出したことから、その勇敢さと判断力を買われてGUTSに配属された。
超古代人の遺伝子を受け継いだ「光であり、人である」存在だったことから、ゴルザとメルバが巨人像破壊のためにティガのピラミッドを襲った際、巨人像の1つと融合してティガに変身する能力を得る。一人称は「僕」と「俺」の両方を使っているが、『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では前者で統一されている。
引用元:ウルトラマンティガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AC

『ウルトラマンダイナ』(ULTRAMAN DYNA)とは、円谷プロダクションが製作した巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマ作品名と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日まで、MBSを制作局としてTBS系で毎週土曜18:00 – 18:30に全51話が放送された。
平成ウルトラシリーズの2作目であり、『ウルトラマンティガ』の続編である。
>前作『ウルトラマンティガ』の最終回から7年後を舞台とした続編。世界観は継承しつつも登場キャラクターを一新し、新たな未来に希望を持って進む人類の姿を描いた。また、シリーズを通して登場する敵、謎の生命体スフィアを設定している。
>アスカ・シン(ウルトラマンダイナ)
本作の主人公。22歳。かつて、宇宙空間で謎の光の中へと消えていったアスカ・カズマを父親に持つ青年。自称「不死身のアスカ」。
引用元:ウルトラマンダイナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A

『ウルトラマンガイア』(ULTRAMAN GAIA)は特撮テレビドラマと、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。
制作は円谷プロダクション及び毎日放送。1998年(平成10年)9月5日より1999年(平成11年)8月28日まで全51話が毎週土曜日18:00 – 18:30にTBS系で放映された。
>『ウルトラマンティガ』や『ウルトラマンダイナ』に続く、平成に入ってから製作されたウルトラマンのテレビシリーズ第3作目。また、20世紀に制作されたテレビシリーズとしては最後の作品でもあり、世界観の繋がっていた前2作から設定を一新し、時代設定を放映年代とほぼ同じ20世紀末とし、科学考証や人間関係などのリアリティが重視された他、ライバル的存在のウルトラマンアグルが登場している。
>高山我夢(たかやま がむ) / ウルトラマンガイア
本作の主人公。千葉県出身の20歳。アルケミー・スターズ日本代表にして、1980年代に世界中で誕生した天才児の1人。17歳で量子物理学の博士号を取得した。
当初は城南大学の量子物理研究室に在籍していたが、コッヴ襲来時に地球よりウルトラマンガイアの力を授けられたのを機に、根源的破滅招来体と戦うため、XIGにアナライザー(異常現象や怪生物の分析担当)として入隊した。
引用元:ウルトラマンガイア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2