『本日の騎士ミロク』田口仙年堂のライトノベル 

346EPNPqlv
剣術の達人でありながら
剣を用いない騎士団に配属された
少年を主人公とする
田口仙年堂のライトノベルは?
騎の日ミ本ロ士ク
本日の騎士ミロク(答)

RiJywhx
引用元:富士見書房 | 本日の騎士ミロク http://www.fujimishobo.co.jp/sp/200904miroku/

バイトをクビになったミロクは、式典で見かけた美姫ジェルメーヌに衝撃を受け王国の「赤目騎士団」に入団する。ウサギの団長にしごかれる日々を送るうち、ジェルメーヌは超ガサツなやばい少女ジュジュだと判明して!
引用元:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|本日の騎士ミロク1 http://www.kadokawa.co.jp/product/200901000093/

『本日の騎士ミロク』(ほんじつのきしミロク、today`s knight MIROKU)は、田口仙年堂/著・高階聖人/イラストによる日本のライトノベル。富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より刊行。
>ルテア大陸の中央西に位置する王国、ジルサニア。剣バカの移民の少年ミロクはバイトで問題を起こしてばかり、定職に就けずにいた。そんなある日、バイト先の店長に、ジルサニア王国騎士団は移民も入団でき、ついでに剣の腕も活かせると聞かされる。首尾よく入団を果たし、ジルサニア王女ジェルメーヌの美しさに気持ちも高まっていたミロク。だが何と彼が配属されたのは、姫の専属部隊にして剣を持たない、通称「赤目隊」だった。騎士の仕事とは思えない雑用、帯剣の禁止、一風変わった同僚たち、実は男勝りで超がさつなジェルメーヌ姫。そして、彼の苦難の日々が幕を開けることとなる。
引用元:本日の騎士ミロク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E6%97%A5%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%AF