ジェリー・「シーゲル」 『スーパーマン』原作者 ブランドン・「ルース」ブライアン・「シンガー」『スーパーマン・リターンズ』の主演と監督

023Hdaheuo
映画化もされたアメリカの人気
コミック『スーパーマン』の
原作者はジェリー・◯◯◯◯?
シーゲル(答)
「ジェリー・シーゲル」

CIMG3342
2006年公開のアクション映画
『スーパーマン・リターンズ』
の主演はブランドン・◯◯◯?
◯を答えなさい
ルース(答)
「ブランドン・ルース」
Brandon Routh
「ラウス」が正解になるかは不明です

CIMG5600
CIMG5601
2006年公開のアクション映画
『スーパーマン・リターンズ』
の主演はブランドン・ルース
ですが

監督はブライアン・○○○○?
○を答えなさい
シンガー(答)
「ブライアン・シンガー」
Bryan Singer

Jerome “Jerry” Siegel (October 17, 1914 – January 28, 1996),[1] who also used pseudonyms including Joe Carter,[2][3] Jerry Ess,[2] and Herbert S. Fine, was the American co-creator of Superman, along with Joe Shuster, the first of the great comic book superheroes and one of the most recognizable of the 20th century.

He was inducted (with Shuster posthumously) into the comic book industry’s Will Eisner Comic Book Hall of Fame in 1992 and the Jack Kirby Hall of Fame in 1993.

>Superman and following years[edit]
Siegel and Shuster created a bald telepathic villain referred to as “the Superman”, bent on dominating the entire world. He appeared in the short story “The Reign of the Superman” from Science Fiction No. 3, a science fiction fanzine that Siegel published in 1933.[6] Tossing and turning in bed one night in 1934, he thought of the more familiar character by that name.[1][7]
引用元:Jerry Siegel – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Jerry_Siegel

スーパーマン
Superman

20世紀のアメリカ合衆国のまんがのスーパーヒーロー。 1938年6月に『アクション・コミックス』に初登場し,翌 1939年1月には新聞連載も始まった。原作はジェリー・シーゲル,作画はジョセフ・シャスター。
引用元:スーパーマン(スーパーマン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3-178396
引用元:アメリカン・コミックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

チェック:世界中で愛されているヒーロー、スーパーマンが活躍する人気アクションのシリーズ最新作。スーパーマンが失踪を遂げてから5年後を舞台に、再び悪に立ち向かうスーパーマンの姿が描かれる。監督は『X-MEN2』のブライアン・シンガー。スーパーマン役には数千人の中から選ばれた新人のブランドン・ラウスが務める。悪役にはオスカー俳優ケビン・スペイシー。最新のVFX技術で生み出されるスペクタクル映像のほか、無敵のヒーローであるスーパーマンが、1人の男として愛や人生に思い悩む姿を描いている点も見逃せない。
引用元:映画『スーパーマン リターンズ』 – シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/movie/T0004080