オスカルのフルネーム「オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ」 「オルタンス」『ベルサイユのばら』オスカルの姉

069iqRZNBM
次の文字列を順に選んで
漫画『ベルサイユのばら』の
主人公・オスカルの
フルネームにしなさい
オスカル・
フランソワ・
ド・
ジャルジェ
「オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ」
Oscar François de Jarjayes

009GMobxfO
漫画『ベルサイユのばら』に
登場するオスカルの姉
オルタンス(答)
Hortense?

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(Oscar François de Jarjayes、1755年12月25日 – 1789年7月14日)は、池田理代子著の漫画『ベルサイユのばら』の主人公。『ベルばらKids』にも登場している。
>幼い頃から男性として育られた男装の麗人。オスカル(Oscar)は、ヘブライ語で「神と剣」という意味。海外では”Lady Oscar”という呼称が一般的である。近衛連隊長としてマリー・アントワネットの護衛を務めていたが、フランス衛兵隊に異動した後、フランス革命に際し民衆側に就く。バスティーユ襲撃に参加し、戦死する。
>作中でその死が描かれた後、実際に葬儀が催された。漫画の登場人物の葬儀としては『あしたのジョー』の力石徹についで2例目になる。オスカルの葬儀では参列者の中からすすり泣きも聞こえるなど、神妙な雰囲気のうちに進行したといわれている。
>フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ伯爵家の娘で、フランソワ・オーギュスタン・ド・レニエ・ド・ジャルジェ将軍とマリー=アンヌ・ルイーズ・ド・ブルセ・ド・ラ・セーニュとの六女(末娘)。ジャルジェ将軍が男児に恵まれなかった為、後継者とすべく男として育てられた。ウェーブのかかった豊かな金髪とダークブルーの瞳を持ち、颯爽とした美しさで、しばしば婦人達の恋慕の対象となる。正義感が強く、男性・軍人としての自分と女性としての心の間で苦しむ。
身長:178cm[2] 体重:58kg B87・W63・H90[3] 靴:25cm。
>オスカルは『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』第101話「ベルサイユは愛に燃えた」にアンドレと共に登場している。ただし、アンドレは既に石化しているという設定で、オスカルの回想シーンに登場するものの台詞はなかった。なお、劇中では終始アンドレを深く愛し、原作やアニメでは見られなかった女性語を多用している。
引用元:オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7

『ベルサイユのばら』は、池田理代子による日本の漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期を舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。ベルサイユとはヴェルサイユ宮殿のこと。
この項目では、集英社マーガレットコミックス1 – 9巻までを『本編』。10巻の『外伝』は『黒衣』。11巻以降の『新エピソード』は『新』。中央公論社の『外伝』は『外伝』。『ベルばらKids』は『Kids』と記述する。
>1972年21号から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載。フランス・ブルボン朝後期、ルイ15世末期からフランス革命でのアントワネット処刑までを描いている。前半はオスカルとアントワネットの2人を中心に描き、中盤以降はオスカルを主人公として、フランス革命に至る悲劇を描いた。
>「黒い騎士」騒動の頃のエピソードとして、実際の事件をモチーフに描かれている。文庫版の5巻と完全版の8巻に収録。
姉のオルタンスの住む城へ休養に出かけたオスカル・アンドレ・ロザリー。城に着いた彼らを待っていたのは、オルタンスとその娘のル・ルー、そして人々を脅かしている「吸血鬼」の噂だった…。
「黒衣の伯爵夫人」登場キャラクター[編集]
オルタンス・ド・ラ・ローランシー
オスカルの一番上の姉で、ル・ルーの母親。立派に成長した妹を誇らしく思っている。また、ませた娘には手を焼いている。裁縫が下手らしい。
引用元:ベルサイユのばら – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%81%AE%E3%81%B0%E3%82%89

オルタンス・ド・ボアルネ(Hortense de Beauharnais, 1783年4月10日 – 1837年10月5日)は、ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの娘で、ナポレオンの義理の娘。ナポレオン3世の母。兄はウジェーヌ・ド・ボアルネ。
引用元:オルタンス・ド・ボアルネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8D