「山本正之」『タイムボカン』『究極超人あ~る』主題歌『究極超人あ~る』登場人物 曲垣剛 堀川椎子 天野小夜子 大戸島さんご 兵藤信 レオナルド根岸

038gjPVvJs
アニメ『タイムボカン』シリーズ
やOVA『究極超人あ~る』など
で主題歌を歌った歌手は?
水々真人
子門一之
佐本木功
山本正之(答)
やまもとまさゆき

076SKWscVd
次のうち
『究極超人あ~る』に登場する
光画部の部員を全て選びなさい
荻上千佳 おぎうえちか『げんしけん』
曲垣剛(答) まがきごう
堀川椎子(答) ほりかわしいこ
天野小夜子(答) あまのさよこ
大戸島さんご(答) おおとじまさんご
兵藤信(答) ひょうどうまこと
レオナルド根岸(答) れおなるどねぎし
斑目晴信 まだらめはるのぶ『げんしけん』
久我山光紀 くがやまみつのり『げんしけん』
高坂真琴 こうさかまこと『げんしけん』

山本 正之(やまもと まさゆき、1951年7月11日 – )は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、俳優、声優。愛知県安城市出身。愛知県立西尾高等学校卒業。駒澤大学卒業。
>1974年、プロ野球中日ドラゴンズ応援歌『燃えよドラゴンズ!』で作詞・作曲デビュー、同年『ドラゴンズよありがとう』で歌手デビューを果たす。その後、ヒットソング『うぐいすだにミュージックホール』や『ひらけ!チューリップ』などの作詞・作曲を手がけ、テレビアニメ『タイムボカン』の音楽を担当したのが切っ掛けで、1970年代後半から1980年代前半にかけて、テレビや企画物の曲を数多く世に送り出した。1983年に初のオリジナルライブを行い、以降ライブ活動にも力を入れている。
主に歌手としてはやまもとまさゆき、山本まさゆきなどの芸名を使用し、作詞、作曲家としては本名、または遠田美穂などを使用している。音楽以外では、劇団「山本正之プレゼンツ」での舞台演出も手掛けている。
引用元:山本正之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E6%AD%A3%E4%B9%8B

試し読みあり
ゆうきまさみ先生の超名作『あ~る』。連載開始と同時に、びっくりするほど話題を振りまいた歴史的作品です。へ~んなヤツが勢ぞろいのこの大騒ぎギャグは、ゆうき先生がサンデー増刊号で『鉄腕バーディー』を連載していたとき、それを休載して週刊で連載を開始したのです。…ということを、実は先生が「作者の言葉」として語っていらっしゃいます。まんがの隅々までご覧ください。
引用元:サンデー名作ミュージアム http://websunday.net/museum/no31/no31in.html

『究極超人あ〜る』(きゅうきょくちょうじんあーる)は、ゆうきまさみによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたOVA作品。第19回星雲賞マンガ部門受賞。
>私立春風高校を舞台に「光画部」(こうがぶ。一般にいう写真部)に属する生徒・OBたちとその周辺で起きるさまざまな珍妙な(ある意味非常識な)出来事を描いた学園コメディ漫画。連載時(80年代半ば)、体育系のクラブ活動を熱く描く作品が多いなか、それまで派手な活躍の場が少なく、比較的地味とされていた文化系クラブにスポットライトを当てた。社会的には変人に分類される個性的な生徒や人々の感性や生態をユーモアをこめて肯定的に描いている。
本作の舞台である春風高校はごく普通の学校だがどこか変な人が集っており、中でも光画部は(OBも含めて)特に個性豊かな人々が集まっている。(一応)主人公であるR・田中一郎は、マッド・サイエンティストが世界征服のために作った、(あらゆる意味で)人間同等のアンドロイドという非常識極まりない存在であるが、登場人物たちにあっさりと受け入れられているばかりでなく、周りのあまりにも非常識な人々の前では、非常に影が薄い。作品中には当時の時事ネタや特撮・アニメネタなどが豊富に織り込まれており、解る人は大笑いし、解らない人にも何となく笑えてしまう話の作りが人気の源である。
>もともとこの漫画は全くの創作というわけではなく、その舞台は都立板橋高校の光画部[注 1]をモデルにしている。ゆうきまさみの友人である音楽ディレクター・とまとあきの出身校で、その高校の後輩の成原(ナリゲンと読む。成増に住む原人の意。とまとあきの3つ下)があ〜るの直接のモデルである。[4]
それ以外にも、ゆうきの友人・知人をモデルにしたキャラクターや、明らかにモデルがわかるキャラクターが多数登場する。
ゆうきの友人・知人をモデルにした例:
たわば → 先に挙げたとまとあき[4]
鳥坂 → 鳥坂(細川)司(とまとあきの後輩[4]、元東京都職員)
まりい → 川村万梨阿(声優)[5]
伊東 → 伊藤和典(脚本家)[4]
伊東の彼女→高田明美(イラストレーター、連載時は伊藤和典の妻(後年離婚))
刑事さん → 福田孝(サンデーでの初代担当)
島崎 → 島崎信行(OVAでのディレクターの一人)
審判・島本[注 2] → 島本和彦(漫画家)[注 3]
引用元:究極超人あ〜る – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%81%82%E3%80%9C%E3%82%8B

1985年から1987年まで週刊少年サンデーに連載されたゆうきまさみ作のギャグ漫画。1991年にはOVA化されている。
アンドロイドのあ~る君ことR・田中一郎や鳥坂先輩を始め、変人揃いの春風高校光画部(※)が巻き起こす騒動をコミカルに描いた物語。文化部を舞台にした点ではハルヒやけいおん!の大先輩にあたる。

印象的な台詞が多く、魔法陣グルグル等と並んで掲示板の専用スレッドが台詞だらけになりがちな作品。
>登場人物

R・田中一郎 鳥坂先輩 大戸島さんご たわば 堀川椎子(しぃちゃん) 天野小夜子 西園寺まりい 西園寺えりか
成原成行 あさの きしだ アール・デコ
引用元:究極超人あ~る (きゅうきょくちょうじんあーる)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%81%82%EF%BD%9E%E3%82%8B