『謝男』シャーマン 板垣恵介の土下座漫画

484wKTomCfjpr
土下座を題材とした
板垣恵介の漫画です
謝男
シャーマン

『謝男』(シャーマン)は、板垣恵介による日本の漫画作品。『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて2011年12月30日号(2011年12月16日発売)より不定期連載中。
>拝 一穴(おがみ いっけつ)
治ヶ浦高校に赴任してきた新任教師。担当は現代国語。
名前は板垣の師匠でもある小池一夫の漫画『子連れ狼』の主人公拝一刀から、小池の快諾を経て流用されている[1]。
引用元: 謝男 – Wikipedia

板垣恵介の最新作「謝男 シャーマン」の1巻が発売された。新任教師が生徒のトラブルや悩みを土下座(座礼)で解決していくという、異色の学園ドラマだ。
しかし板垣が「土下座マンガ」を手がけるのはこれが初めてではない。企画・全面協力が板垣、作・画がRINという複雑なクレジットで立ち上げた「どげせん」という作品があり、それを終了させて仕切り直したのが、この「謝男 シャーマン」。「バキ」シリーズを終え土下座マンガに全力を注ぎ込む板垣の仕事場を訪れ、ここまでの経緯と作品に込められた哲学について語ってもらった。
引用元: 「謝男 シャーマン」1巻刊行、板垣恵介インタビュー (1/3) – コミックナタリー Power Push