「ハル・エメリッヒ」 『メタルギア』シリーズ通称「オタコン」 兵器開発の天才 アニメ好き「オタク・コンベンション」の常連

037cojoWBC
『メタルギア』シリーズに登場
兵器開発の天才
ソリッド・スネークの親友
愛称は「オタコン」
ハル・エメリッヒ(答)
グレイ・フォックス
ビッグ・ボス
ロイ・キャンベル


「メタルギア」シリーズに登場
物語の途中で死亡する
主人公の上司
第一作目の最終ボス
ビッグ・ボス(答)

連想
「メタルギア」シリーズに登場
本名は「アダムスカ」
射撃が得意
リキッド・スネークの腕を移植
オセロット(答)

CIMG3611
恐るべき子供達計画によって
誕生した、ゲーム『メタルギア』
シリーズの主人公は
ソリッド・スネークですが
CIMG3612
『メタルギアソリッド』で死亡
した、もう1人のスネークは
◯◯◯◯・スネーク?
◯を答えなさい
リキッド(答)
「リキッド・スネーク」

310tgxeFgZNqw
ゲーム『メタルギアアシッド』に
登場する、アメリカ人と
日本人のハーフの女性兵士は?
テミエ
マネオ
キリサ
テリコ(答)
引用元:「テリコ」・フリードマン『メタルギアアシッド』の登場人物 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/8775/

ハル・エメリッヒ (Hal Emmerich) は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のゲーム『メタルギアソリッド』シリーズに登場する架空の人物。
愛称はオタコン (Otacon) 。兵器開発の天才。同シリーズの主人公の一人であるソリッド・スネークのパートナーであり親友。 日本語版の声優は田中秀幸。英語版の声優はクリストファー・ランドルフ。
>アメリカ国籍の白人。1980年生まれ。身長177cm、体重62Kg。『メタルギアソリッド』では、眼鏡をかけボサボサの頭髪に無精髭という出で立ちであるが、シリーズが下りグラフィックが精密になるにつれて端正な容貌であることがわかる。
独学でマサチューセッツ工科大学に入学し、若くして博士号を授与され、プリンストン大学でも学士号、修士号を取得しFBIにスカウトされる。FBIではERF(技術開発研究所)に所属していたが、クラッキングを行なっていたことが発覚し、FBIを追われてアームズテック社に入社。
日本のアニメが好きで、アメリカで開催される日本アニメのイベント「オタク・コンベンション(Otakon)」の常連であることから「オタコン(Otakon)」と呼ばれる(自ら「オタコン」と呼ぶよう要望していた。)[1]。アニメのロボットに憧れており、彼が兵器開発者になったのも、アニメのようなロボットを造りたいという思いから。
引用元:ハル・エメリッヒ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92

ハル・エメリッヒ(Hal Emmerich)とは、メタルギアシリーズに登場する工学博士、ウィザード級ハッカーである。
愛称、通称は「オタコン」。声優は田中秀幸。
>1980年生まれ(生年はMGSPWで判明)。身長177cm、体重62kg。
初登場は『メタルギアソリッド』。自分の研究でメタルギアREXを産み出してしまったことを悔み、メタルギアの破壊に人生を賭すことになる。
『MGS』『MGS2』『MGS4』に登場。またMGSシリーズの歴史と現実の歴史を重ね合わせた場合、現実世界との乖離が最初に始まるのは彼の祖父がマンハッタン計画に参加したことからである。
アニメ好きであり、アメリカで開催されている日本アニメのイベント otaku convention(オタク・コンベンション)の常連であるため「オタコン」を自称し、愛称ともなっている。
MGSシリーズの主人公ソリッド・スネークの相棒・親友として活動。ちなみに『メタルギアソリッド』にはオタコンEDが存在する。義妹はエマ・エメリッヒ・ダンジガー。父はMGSPW・MGS5に登場するヒューイ。母はMGSPWに登場するストレンジラブ博士。
引用元:ハル・エメリッヒとは (ハルエメリッヒとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92

グレイ・フォックス(Grey Fox、? – 2005年)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)のアクションゲーム『メタルギアシリーズ』に登場する架空の人物。同じ軍人として主人公(ソリッド・スネーク)をサポートし、また対立する人物として物語上重要な役目を果たした。
出生に不明な点が多く、正確な生年や国籍は不詳。本名はフランク・イエーガーとされている。身長181cm。1970年時点でCIA工作員、後にFOXHOUND隊員、その後は傭兵として各地を転戦。FOXHOUND在籍時は最高の隊員であることを示す「FOX」のコードネームを与えられていた。詳しくは「経歴」を参照。
引用元:グレイ・フォックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

ビッグ・ボス(BIG BOSS、1935年 – 2014年)は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のゲーム、メタルギアシリーズに登場する架空の人物で同シリーズの主人公の一人。
>事実、後に明らかになったビッグ・ボスの真の目的は、地球規模にまで拡大した「愛国者達」の勢力に対して軍事的、経済的に優位に立つことで世界の均衡を保つことであった。アウターヘブンやザンジバーランドの建設も、全ては愛国者達の拡大を阻止すべく行った行動であったとしている。
後のビッグ・ボスはソリダス・スネーク、体細胞を利用して創られたソリッド・スネーク、リキッド・スネークのオリジナルでもある。『MGS3』ではパラメディックとの初対面時に「ジョン・ドゥ」と名乗るが、アメリカでは身元不明の男性死体を指して”ジョン・ドゥ”と呼ぶ習慣があり、作中では「ドゥ」が本当のファミリーネームかどうかは明かされない。ザ・ボスからは「ジャック」と呼ばれているが、こちらは愛称であり本名ではない。
引用元:ビッグ・ボス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%B9

ロイ・キャンベル(Roy Campbell)は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のゲーム「メタルギアシリーズ」に登場する架空の人物。モデルは『ランボー』シリーズでリチャード・クレンナが演じたサミュエル・トラウトマン大佐。
元アメリカ陸軍軍人。旧FOXHOUND司令官。
声優は青野武(メタルギアソリッド1~4および『大乱闘スマッシュブラザーズX』)、古川登志夫(『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』)。英語版の声優はPaul Eiding、David Agranov(MPO)、Michael McColl(猿蛇合戦)。
>FOXHOUND時代は「チキン・フォックス」のコードネームを持っていた。この「フォックス」は、最高位の隊員に与えられるコードネーム(グレイ・フォックスなど)であり、彼が参謀だけでなく実戦でも有能な軍人だったことを証明している。また、若い時は無類の女好きであったようで、女性を口説くために心理学を学んでいた(『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』) 。
ザンジバーランド騒乱後に退役したが、シャドー・モセス事件の発生により現場へ復帰。かつての部下であり友人でもあるソリッド・スネークを呼び戻し、作戦遂行を依頼する。事件の後は軍とは無縁の生活を送っている(なお、シリーズを通してソリッド・スネークに「大佐」と呼ばれているが、実際に大佐だったのは『メタルギア2』時点のみである)。
引用元:ロイ・キャンベル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB