「ビッグコミック」表紙は著名人 『HOTEL』『ゴルゴ13』

001zrCRduN
小学館の漫画雑誌
表紙は著名人の似顔絵
『HOTEL』
『ゴルゴ13』
「ビッグコミックスピリッツ」
「ビッグコミックスペリオール」
「ビッグコミックオリジナル」
「ビッグコミック」(答)


小学館の漫画雑誌
表紙は動物のイラスト
『風の大地』『深夜食堂』
『あぶさん』『釣りバカ日誌』
「ビッグコミックオジリナル」(答)

連想
小学館の漫画雑誌
『MOONLIGHT MILE』
『覇-LORD-』
『AZUMI』
「ビッグコミックスペリオール」(答)

『ビッグコミック』は、小学館発行の男性向け漫画雑誌。
>1968年2月29日に創刊された。創刊当初は月刊誌としてスタートしたが、現在10日・25日の毎月2回発行である。定価320円(税込)。
>創刊より手塚治虫、石ノ森章太郎、白土三平、水木しげる、さいとう・たかを、藤子不二雄(藤子・F・不二雄&藤子不二雄A) 、楳図かずお、ちばてつやらの大御所が寄稿し、超長期連載で知られる『ゴルゴ13』の掲載誌として知られる。2015年現在でも、連載作品は大御所・ベテランによるものが多い。
表紙は著名人の似顔絵で、創刊当初は伊坂芳太良が担当していた。1970年の伊坂の死去後は、40年以上にわたり日暮修一が担当してきた。日暮入院加療のため、2011年11月25日発売の同年第11号より金子ナンペイが担当している(日暮は2012年4月13日に死去)。
単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。
引用元:ビッグコミック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF

小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミック]

『ビッグコミックオリジナル』は、小学館発行の男性向け漫画雑誌。1972年創刊。月2回(毎月5日・20日)発行。長期連載を多く抱えているのが特色である。
>発行部数は60万部以上と、『ビッグコミック』系列の雑誌ではトップの発行部数を誇る。
『ビッグコミック』創刊者の小西湧之助が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった[3]。
『浮浪雲』『三丁目の夕日』『釣りバカ日誌』『赤兵衛』など30年以上にわたる連載、『風の大地』など20年以上にわたる連載といった長寿作品が多いことが、この雑誌の特徴の一つである。
引用元:ビッグコミックオリジナル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB

『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。
1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。
>『週刊ビッグコミックスピリッツ』は、小学館が発行する週刊の漫画雑誌。ジャンルは青年漫画。
1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。
引用元:ビッグコミックスピリッツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84

『ビッグコミックスペリオール』は、小学館発行の漫画雑誌。月2回発行(第2・第4金曜日)。1987年7月1日創刊。創刊編集長は鈴木俊彦。現編集長は菊池一。
>小学館の「年代別漫画雑誌」戦略に基づいて、30歳代以上の社会人をターゲットとした『オリジナル』と、学生世代をターゲットとした『スピリッツ』の中間年代層に当たる、20歳代の社会人を主なターゲットとした青年漫画誌というスタンスを長年保っていたが、2012年に方針転換し[1]、コアな層向けの漫画も載せるようになった。
引用元:ビッグコミックスペリオール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB