『銀魂』山崎退(さがる)の特技 「バドミントン」「カバディ」

011IYQhrpM
次のうち、漫画『銀魂』に
登場する山崎退の特技を
全て選びなさい
カバディ(答)
バドミントン(答)
ムエタイ

山崎退(やまざき さがる)とは、空知英秋の漫画『銀魂』およびそれを原作とするアニメシリーズなどに登場するあまりにも地味なキャラクターである。アニメ版の声優は太田哲治。
名前のモデルは新撰組監察の山崎烝。
>2月6日生まれ。身長169cm、体重58kg。年齢32歳。
特殊警察・真選組で副長・土方十四郎の命を受けてパシリ監察(密偵)を務めている。
監察としては優秀で、合間合間に趣味に興じはするが基本的にやるべきことはきちんとこなす。
>特技はミントン(バドミントン)とカバディ。
その腕前は某庭球の王子様よろしく大げさともいえる演出でコートを爆破させるほど。
引用元:山崎退とは (ヤマザキサガルとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E9%80%80

山崎 烝(やまざき すすむ、天保4年(1833年)? – 慶応4年1月13日(1868年2月6日))は、新選組隊士(諸士調役兼監察)。
>摂津国大坂出身(山城国とも)で、生家は医家または薬種問屋とされる。
文久3年(1863年)末頃に新選組に入隊、元治元年(1864年)頃から隊士の動向調査や情報探索の任についている。非常に有能であり、入隊後数ヶ月で上役を任され、後に隊内では異例の諸士調役・監察を掛け持ちするようになる。京・大坂に土地勘があり、道案内としてたびたび幹部達を大坂にひきつれていたという。また、大坂の金持ちの商人の事情にも通じており、新選組の中では重宝されていた。香取流の棒術にすぐれていたとされ、実際に使用していたものは長巻であるとの説もある。性格は温順にして無口で、背が高く、色黒(色白という説も)な美男子だったという。京都で隊士の診療を行っていた松本良順から医学を学び、「我は新選組の医者なり」と言って周囲を笑わせたという記録が良順の書に残っている。またそこには、「(近藤)勇の最も愛する者なりし」と記述されている。
引用元:山崎烝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E7%83%9D