アニメ化された特撮番組『人造人間キカイダー』『レインボーマン』 アニメ化なし『ゴレンジャー』と『ギャバン』

007FOduShC
次のうち
アニメ化されたことがある
特撮番組を全て選びなさい
『秘密戦隊ゴレンジャー』
『人造人間キカイダー』(答)
『レインボーマン』(答)
『宇宙刑事ギャバン』
『月光仮面』(答)
『ウルトラマン』(答)
『仮面の忍者赤影』(答)
『コメットさん』(答)
『マグマ大使』(答)

『人造人間キカイダー THE ANIMATION』(じんぞうにんげんキカイダー ジ アニメーション)は、2000年10月から2001年1月までキッズステーションで放送されたテレビアニメ。2003年にWOWOWで、2006年10月からTOKYO MXで、2010年7月からNHK BS2で放送された。特撮版のリメイクではなく石ノ森章太郎の漫画『人造人間キカイダー』を原作としている。2001年には続編のOVA『キカイダー01 THE ANIMATION』が製作されている。
引用元:人造人間キカイダー THE ANIMATION – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%80%A0%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%AD%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC_THE_ANIMATION

『愛の戦士レインボーマン』(あいのせんしレインボーマン)は、1982年秋から1983年春にかけてTBS系列で放送された毎日放送・愛企画センター制作のテレビアニメ。特撮ドラマ『愛の戦士レインボーマン』のアニメ版である。放送時間は毎週日曜13:30 – 14:00 (JST) 。全22話。
>特撮版とアニメ版を制作した会社の相違と著作権の絡み[要出典]から、再放送・映像ソフト化は行なわれていない。
引用元:愛の戦士レインボーマン (アニメ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

月光仮面(げっこうかめん)は、KRテレビ(現・TBSテレビ)と宣弘社が制作し、『タケダアワー』第1作として1958年(昭和33年)2月24日から1959年(昭和34年)7月5日まで放送されたテレビ冒険活劇番組、またその覆面主人公ヒーローの名。川内康範原作。
>日本初のフィルム製作による国産連続テレビ映画であり、日本のヒーロー番組の元祖でもある[1][2][3]。時代劇と探偵活劇の要素を組み合わせた作風は、その後のヒーロー番組に多大な影響を与えている[4][2]。
漫画化された後に実写映画化されている。その後、1972年にアニメテレビドラマ化、1981年に実写映画化、1999年にはキャラクターを転用したテレビギャグアニメ化もされた。
引用元:月光仮面 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%85%89%E4%BB%AE%E9%9D%A2

番組には、9月4日に「日本アニメ(ーター)見本市」の公式サイトにて公開された第30弾作品『ザ・ウルトラマン』の監督を務めた横山彰利氏と音響監督の山田陽氏、制作担当の杉谷勇樹氏が出演。本作は、漫画家・内山まもる氏の『ザ・ウルトラマン』を原作にして、宇宙大魔王ジャッカルと戦う謎の鎧戦士とウルトラ兄弟たちの激闘が描かれている。
引用元:横山彰利監督『ザ・ウルトラマン』アニメ化秘話を語る – 氷川氏も「機電をきちんと表現できている」と絶賛 | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/09/animator/

『仮面の忍者 赤影』(かめんのにんじゃ あかかげ)は、横山光輝作の忍者漫画、およびそれを映像化した特撮テレビ番組、テレビアニメ作品、劇場映画。それらに登場する主人公の名前でもある。
>TVアニメ版『仮面の忍者 赤影』(1987 – 1988年)[編集]
1987年10月13日から1988年3月22日まで東映動画(現:東映アニメーション)制作、日本テレビ系列で全22話(+1話未放送)が放送された。
この放映に合わせて週刊少年チャンピオンにて、横山によって新作漫画『新・仮面の忍者赤影』が連載された。
特撮版を全話手がけた伊上勝の息子である井上敏樹が脚本に加わっており、親子二代で同シリーズに携わることとなった。
引用元:仮面の忍者 赤影 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%81%AE%E5%BF%8D%E8%80%85_%E8%B5%A4%E5%BD%B1

『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』(コスミック バトン ガール コメットさん)は、横山光輝の漫画『コメットさん』を原作として、2001年4月1日から2002年1月27日にかけて、テレビ大阪・テレビ東京系列で放送されたテレビアニメ。
>本作は、過去に製作されたテレビドラマ版を含めると『コメットさん』の3作目にあたる。テーマは「輝き」。視聴対象である子供たちに「君たちのいる世界は、こんなにも素敵に満ち溢れている事に気付いて欲しい」との製作サイドの願いが込められている。[1]
引用元:Cosmic Baton Girl コメットさん☆ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Cosmic_Baton_Girl_%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%93%E2%98%86

『マグマ大使』(マグマたいし)は、手塚治虫の漫画作品、およびこれを原作にした実写の特撮テレビ番組およびOVA。そして、これらの作品の主人公の名である。
>OVA版[編集]
1992年から1993年にかけてバンダイビジュアルよりOVA・LDが発売された。復活させられたゴアとマグマ(アース)との対決を主軸に描いているが、それを取り巻く周辺環境や過程(飛鳥父娘と祠に関わるオカルト要素・国家の謀略など)については大胆に脚色を加えており、見応えのある世界観となっている。
引用元:マグマ大使 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%9E%E5%A4%A7%E4%BD%BF