細田守監督の映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』

705QiSIsZL
次のうち、細田守が監督を務めた
アニメ映画を1つ選びなさい
サマーウォーズ(答)
宇宙ショーへようこそ
おおかみこどもの雨と雪(答)
ハル
バケモノの子(答)
マイマイ新子と千年の魔法
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
花とアリス殺人事件

細田 守(ほそだ まもる、1967年9月19日 – )は、富山県中新川郡上市町出身のアニメ監督、アニメーター。2005年からフリー。金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻卒業。日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。
>主な作品
『時をかける少女』
『サマーウォーズ』
『おおかみこどもの雨と雪』
『バケモノの子』
>同年8月、『サマーウォーズ』を公開。またも高い評価と興行収入16.5億円のヒットを記録した。 2011年4月、自身のアニメーション映画制作会社スタジオ地図を設立(代表取締役は齋藤優一郎)。同年、新作劇場作品『おおかみこどもの雨と雪』を発表[7]、2012年7月に公開された。公開前の同年6月、自ら執筆した同作品の原作小説で、小説家としてデビューした。映画は観客動員約340万人、興行収入42億円を挙げ、2012年の年間興行収入ランキング第6位の大ヒットとなった。 2015年7月11日『バケモノの子』(企画・制作 スタジオ地図)を公開[8]。
>スタジオジブリの研修生採用試験では絵を2枚以上描いて提出する一次試験で150枚以上提出。宮崎駿から「君のような人間を(ジブリに)入れると、かえって君の才能を削ぐと考えて、入れるのをやめた」と書いた手紙を貰ったが、「雑用係でもいいから入れてください」とジブリに電話をすると「今回の試験で宮崎さんが手紙を出したのは、全受験者中二人しかいない。その一人が君で、これは光栄なことだから、おとなしく諦めなさい」と言われた[13]。
引用元:細田守 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E7%94%B0%E5%AE%88