「パラリンリリカルパラポラマジカル」『魔法のスターマジカルエミ』香月(かづき)舞 『魔法の天使クリィミーマミ』森沢優

057foAehaR
次の文字列を順に選んで
アニメ『魔法のスター
マジカルエミ』で、舞が魔法を
使うときの言葉にしなさい
パラリン
リリカル
パラポラ
マジカル
「パラリンリリカルパラポラマジカル」

039HYXxWQmPKD

1985年放送のTVアニメ
『魔法のスター マジカルエミ』
で、マジカルエミに変身する
女の子は香月舞である

×森沢優
56%

スタジオぴえろ魔女っ娘シリーズ第3弾。

主人公はマジシャンを夢見る11歳の少女、香月舞。魔法でマジックの天才マジカルエミ(16歳)に変身することができる。

この作品は、アニメ的事件がなにも起きない、という演出が特徴だった。

魔法の呪文は「プリット」「パラリン リリカル パラポラ マジカル」。
引用元:魔法のスターマジカルエミ ‐ 通信用語の基礎知識 http://www.wdic.org/w/MOE/%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%9F

『魔法のスターマジカルエミ』(まほうのスター マジカルエミ)は、日本テレビ(NNN・NNS)系列で1985年6月7日から1986年2月28日まで全38話が放送されたテレビアニメ。
>『魔法の天使クリィミーマミ』、『魔法の妖精ペルシャ』に続く、スタジオぴえろ(ぴえろ)制作による「ぴえろ魔法少女シリーズ」の第3弾。監督・安濃高志の代表作の一つでもある。
マジシャン志望の不器用な女の子・香月舞が、鏡の妖精トポと出会い、魔法で天才マジシャン「マジカルエミ」に変身し、華麗で大胆なマジックと歌でアイドルとして活躍する、というお話。
引用元: 魔法のスターマジカルエミ – Wikipedia

『魔法の天使クリィミーマミ』(まほうのてんし クリィミーマミ)は、スタジオぴえろ作のテレビアニメ。1983年7月1日から1984年6月29日まで、全52話が日本テレビ系列ほかで放送された。テレビシリーズ終了後、OVAも製作されている。
>魔法少女アニメに芸能界というこれまでにない要素を取り入れ、また主人公の声を当時15歳で本作の主題歌がデビュー曲となるアイドル歌手太田貴子が担当。当初は全26話の予定だったが、視聴者からの好評に応えて52話まで延長、さらにOVAで続編が製作された。
>森沢優は10歳の少女。ある日、夢嵐にあい、迷っていたフェザースターの舟を助けたことからフェザースターの住人・妖精ピノピノと出会う。道案内をしてくれたお礼に、ピノピノは優に1年間だけ魔法のステッキを与え、お目付け役として猫の姿を借りた使い魔、ポジ(雌)とネガ(雄)を預ける。
引用元: 魔法の天使クリィミーマミ – Wikipedia