劇場版ドラえもん1996『銀河超特急』ドリーマーズランド 2015『宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』宇宙海賊

118thiJMwq
宇宙の外れにあるドリーマーズ
ランドを舞台にした、1996年公開
のアニメ映画は『ドラえもん
のび太と◯◯◯◯◯』?
宇宙大特急
南海小冒険
魔河開戦争
銀河超特急(答)
『ドラえもんのび太と銀河超特急』

135kPogCVx
宇宙海賊に狙われたポックル星
を舞台にした、2015年公開の
アニメ映画は『ドラえもん
のび太の◯◯◯◯◯』?
南界大流伝
銀宙小雄記
魔河英戦争
宇宙英雄記(答)
『ドラえもんのび太の宇宙英雄記』
ドラえもんのび太のスペースヒーローズ

『ドラえもん のび太と銀河超特急』(ドラえもん のびたとぎんがエクスプレス)は、藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1995年9月号から1996年2月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この作品を元に1996年3月2日に公開されたドラえもん映画作品。大長編ドラえもんシリーズ第16作、映画シリーズ第17作。
第14回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞作。併映作は『ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?』。
>22世紀の銀河ミステリー列車「銀河超特急」でドラえもん達が、宇宙の外れにあるテーマパーク「ドリーマーズランド」となった小惑星群を訪れ、活躍する物語。
原案は単行本20巻収録、14ページの短編作品「天の川鉄道の夜」(この作品も宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に対するオマージュである)であり、どこでもドアの発明によって寂れた天の川鉄道や銀河の果ての星の存在(原作ではハテノ星雲)や天の川鉄道の車掌の姿もこの作品がモチーフになっている。鉄道、西部劇、中生代の世界など他のドラえもん映画作品と比較して藤子Fの趣味・趣向が多く取り入れられている作品である。また本作はのび太の射撃の腕前、しずかの風呂好きなどというレギュラーキャラクターの設定が重要な役割を担っている。 今作では一時的にスネ夫が悪役となる作品であり、序盤からスネ夫が孤立化している部分が存在する。また、一時的ではあるが珍しく、のび太が悪役になるシーンもあった。
引用元:ドラえもん のび太と銀河超特急 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93_%E3%81%AE%E3%81%B3%E5%A4%AA%E3%81%A8%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%B6%85%E7%89%B9%E6%80%A5

『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』(ドラえもん のびたのスペースヒーローズ)は、2015年(平成27年)3月7日に公開された日本のアニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ通算第35作(アニメ第2作2期シリーズ第10作)。 キャッチコピーは、『DORAEMON THE SUPER STAR 2015』、『ヒーローは、キミの中にいる。』。
>ドラえもん映画作品35周年記念作。『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(2013年)以来2年ぶりのオリジナル作品となる。宇宙を題材にした作品は本作で6度目。ヒーロー遊びから本物のヒーローとなったドラえもん達が宇宙海賊達と戦う姿を描く。また、アニメ第2作2期シリーズ映画においては『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』(2009年)以外全て作中の季節は夏であったが、本作では5月[1]に設定されており、久々にのび太たちが長袖姿となっている。
監督の大杉は「作りようによっては深刻なお話になるので、絶対に明るい作品にしようと考えていました」[2]と話しており、オファーも「笑い路線、明るいもの」[3]だったという。また、「バトルを残虐に描かない」「まんがやアニメは本来、子どものものであって、子どもに返してあげたい」という基本理念の下、改めて子供にターゲットを絞った作品として制作された。 そういった経緯からコミカルなアクションを表現するため、本作では『ドラえもん のび太の恐竜2006』(2006年)よりアニメ第2作第2期シリーズ映画の特徴でもあった鉛筆タッチを意識した描線からテレビアニメ版と同じく均一の線に変更し、ドラえもん達の頭身もあえて縮めてデザインから調整を加えている[3]。
引用元:ドラえもん のび太の宇宙英雄記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93_%E3%81%AE%E3%81%B3%E5%A4%AA%E3%81%AE%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%8B%B1%E9%9B%84%E8%A8%98