王様の仕立て屋〜「サルト・フィニート」〜 大河原遁の漫画 「サルト」イタリアの仕立て職人

209oVNQPoq
ナポリに店を構える仕立屋・
織部悠を主人公とした大河原遁
の漫画は『王様の仕立屋
~◯◯◯◯◯◯◯◯◯~』?
ィ・ルサフートトニ
サルト・フィニート(答)
『王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜』

『王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜』(おうさまのしたてや サルト・フィニート)及び『王様の仕立て屋〜サルトリア・ナポレターナ〜』(おうさまのしたてや サルトリア・ナポレターナ)は、大河原遁による日本の漫画作品(原案協力・監修:片瀬平太)。
>サルトリア・オリベ[編集]
織部悠(おりべ ゆう)
主人公。ナポリの泥棒市で仕立て屋を開く日本人。年齢は連載開始時点で26歳。連載中の時間経過は明確でないが、概ね20代後半から30代前半の男性として描かれている。縁のない丸眼鏡をかけている。
東京都台東区にある自転車屋の生まれで、3人兄弟の末っ子。幼い頃に実家の近くに住む足袋屋のお辰婆さんから裁縫の基礎を学び、お辰から紳士服の仕立ての道を勧められたことをきっかけに高校卒業後イタリアへ渡り、「ミケランジェロ」と称されたナポリの伝説の仕立て職人マリオ・サントリヨの生涯唯一の弟子となった。
引用元:王様の仕立て屋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%A7%98%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%AB%8B%E3%81%A6%E5%B1%8B

イタリアの古都フィレンツェには、サルトリア(仕立屋)の世界が、今も静かに息づいている。丹精込めた手縫いの技で、スーツを一着ずつ縫い上げる。華やかなトレンドとは無縁の世界を、この街で「サルト(仕立職人)」として活躍する日本人、宮平康太郎さん(29)に案内してもらった。
> 宮平さんが修業した「G・セミナーラ」の2代目、ジャンニ・セミナーラさんは言う。「残念だが、サルトの世界は衰退している。フィレンツェやジェノバでは店を構える職人も減った。ミラノ、ローマ、ナポリでは生き残るが、分業制を導入した工業的な生産に移るだろう」

 今や、衰退の危機にあるサルトリア。手仕事の良さを、いかに受け継いでいくのか。フランチェスコさんは、宮平さんに弟子入りを許した理由を「私のアルテ(技能)を若者に教えるのは愛情を感じる仕事。私が消えても、私の仕事を他の人に語り継ぐことができるから」と語る。

 宮平さんは言う。「僕が魅力を感じたのは、裁断、着せつけ、縫製まで一人でこなす職人技の世界。イタリア人がやらなくなっても、それを学んだ人間がいる限り、サルトの世界は無くならない」(竹端直樹)
引用元:asahi.com(朝日新聞社):フィレンツェ 仕立屋 静かに息づく 日本青年が職人に – ビューティー – ファッション&スタイル http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY201107310146.html

イタリア語[編集]
動詞[編集]
finito 男性 (女性 finita, 男性複数 finiti, 女性複数 finite)
finireの過去分詞
形容詞[編集]
finito 男性 (女性 finita, 複数男性 finiti, 複数女性 finite)
終おわった、完了した
有限の
対義語[編集]
infinito
引用元:finito – ウィクショナリー日本語版 https://ja.wiktionary.org/wiki/finito