『レース鳩0777(アラシ)』 飯森広一 レース鳩を描いた漫画

148eWQPbHSays
伝書鳩のレースを描いた
飯森広一の漫画は
『レース鳩◯◯◯◯』
24765
98103
→0777
『レース鳩0777』

『レース鳩0777』(レースばと アラシ)は、飯森広一による日本の漫画作品。
>飯森広一の代表作のひとつ。1978年から1980年にかけて『週刊少年チャンピオン』で連載された。レース鳩(いわゆる伝書鳩)達の速さを競う鳩レースという競技を取り上げた作品で、レース鳩の飼い主である愛鳩家たちとの絆やしのぎを削るライバルたちとの友情が描かれる。また、競技としての解説も本格的であり、レースだけでなく愛鳩家たちが経験する日常における様々な悩みや問題なども分かりやすい形で織り込まれている。
>アラシ号
78-0777・B(灰色)・オス。黒田鳩舎作出・森山鳩舎使翔。
本作のもう一方の主人公。アラシという名前の由来は足輪の「0777」がおいちょかぶで、同じ数字が三つ揃うヤクの“アラシ”である事から。元々は“アラシ”の名前は次郎が拾ったグレート・ピジョン号(0666)に付けていたが、その息子に発行された番号がまた0777という“アラシ”の番号であった。名鳩グレートの息子ということもあり、その潜在能力は計り知れない。次郎と共にいくつものライバルとの対決を経て成長していく。
引用元: レース鳩0777 – Wikipedia

ある日、空から一羽の鳩が落ちてきた。病に冒され弱った鳩は、拾った次郎の懸命の看病の甲斐あって何とか元気を取り戻す。それは国内外の鳩レースで輝かしい成績を残した名鳩だった。鳩の飼い主は、治療の御礼として次郎に別の鳩を一羽プレゼントする。その鳩は次郎が看病した鳩の子供だった。
引用元: レース鳩0777:少年マンガ:飯森広一 – 電子書籍・コミックはeBookJapan