『グルーブ地獄V』 ピエール瀧がプロデュース ミニゲーム集

436YCoDwzv
電気グルーヴのピエール瀧g
プロデュースしたことで
知られるPS用ゲームは?
ールヴ地グV獄
グルーブ地獄V(答)

『グルーヴ地獄V』(グルーヴじごくファイブ)は、ソニー・ミュージックエンタテインメントから発売されたゲームソフト。
1998年1月8日にPlayStation用のオムニバスゲーム集として発売された。
>テクノユニット、電気グルーヴがプロデュースし、自ら「ゲームジャンル:クソゲー」を名乗る。生産本数が少なく、中古ショップで発見するのが少々難しい。
キャラクターデザインは、ラバーズ・スーパーラバーズのキャラクター、PS用ゲーム『バスト・ア・ムーブ』のほか、電気グルーヴや篠原ともえのPV、テレビアニメ『OH!スーパーミルクチャン』のキャラクターデザインなどで知られる田中秀幸。 タイトル画面では、ピエール瀧が「グルーヴ地獄ファイブ」とタイトル名を歌い上げる、書き下ろしアカペラ曲が流れる。
あえてPSで作る必要があるのか疑わしいような「くだらない、バカバカしい」所が持ち味で、クセのある雰囲気はプレイヤーを選ぶ部分があるが、その個性に面白さを感じるプレイヤーは多い。 2005年12月22日に、ミニゲーム群をメインにした続編『バイトヘル2000』(PSP用ソフト)が発売。
引用元:グルーヴ地獄V – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E5%9C%B0%E7%8D%84V